calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< November 2016 >>

categories

archives

Zレジデンス TIME OKになりました!

ブキジャリルで人気のコンドミニアム、ZレジデンスではこれまでTIMEが申し込みできませんでしたが、ようやくOKになりました。

お引越ししてすぐUnifiを申し込んでしまった方も、TIMEが違約金500リンギットを肩代わりしてくれるサービスをご利用いただけますので、TIMEへの乗り換えをお考えいただくといいと思います。
ブキジャリルにお住いのお知り合いがいらっしゃいましたら教えてあげてくださいね。

厚木インフォテックとは?



マレーシアはクアラルンプールを中心に日系企業の駐在員、マレーシアマイセカンドホームプログラム、国際結婚、留学などで滞在されている日本人の方のために各種生活サポートサービスを提供している会社厚木インフォテック 

会社のホームページもあるの ですが
http://atsugi-info-tech.com/index.htm
いろいろ仕事以外のことも書いてあるため「ちょっと見ただけでは何をしてくれるのかわからない」との声がありました。内容は多岐にわたっているため具体的にどんなことをしているのかブログという形で日々書き連ねてみることにしました。
業務内容+マレーシア生活ブログといった感じのブログになっています。

生まれ育ったのが早稲田大学の徒歩圏内ということもあり、似たような雰囲気のある「学生の街」BANDAR SUNWAYSUBANG JAYAが大好きで、スバンとサンウェイを紹介するブログも書いています。(更新は滞っています。暇を見つけて書き足したいと思います。)
http://subang-sunway.jugem.jp/
とってもいいところなので、日本からの学生さんがどんどん増えてくれることを期待しています。マレーシアで英語習得+国際的に通用する何らかの資格を取得して、世界に羽ばたいてほしいです。

注)会社のローケーションはホームページにあるブキビンタンではなく、またSS15のファーストスバンでもなく、今はスバンジャヤ駅前のSubang Avenue(スバンアベニュー)に変更になっています。駅を降りてすぐ、斜め向かいの白い建物です。オレンジの看板の目立つイオンビッグの左にあたります。



住所: (LRTクラナジャヤ線/KTMコミューター スバンジャヤ駅を降りてすぐ)
B13A-06 Subang Avenue Service Suites
Jalan Kemajuan , SS16/1,Subang Jaya,47500 Selangore Malaysia

(セキュリティーの関係上外部の方は建物内部に入れません。予めご連絡いただき、到着時には建物内裏(駅側)左にある警備員室付近でお待ちください。下までお迎えにあがります。)
電話/ファックス:
03(5611)9052
携帯電話:
019(335)9052(Suresh)
019(332)8052(ますだ)
emailアドレス:
info@atsugi-info-tech.com


 


野犬に襲われる@スバンジャヤ

先週の金曜日は国際結婚組の日本人女性の会のお食事会でした。話に花が咲いて携帯に夫からメッセージが入っていたのに気がつかず、後で「絆創膏買って来て。」と入っていたのに気がついた始末。
夜遅くて結局買いに行けなかったのですが。
その日は何も言わなかったのに、後になって「実は毎朝湖にウオーキングに行く途中の道路脇で野犬10匹に追いかけられたので石を投げて追い払おうとして手を怪我した。」と。びっくりです。
犬に噛まれたわけではなく、石を拾って投げた際に焦っていたため何故か自分の手に怪我をしたそうで、、、。

インターに通う子供さんの転校先探しのお手伝いを頼まれていてモノレールの駅から徒歩8分というインターに問い合わせた時に「高学年の生徒は駅から歩いて通っていますよ。」と言われ、そのことを国際結婚組のお友達に話したら「え?でも駅から徒歩って危なくない?うちの方は野犬がいるから危なくて歩かせられないよ。」と言われて、KLの街中だし、スバンの駅付近でさえ野犬は見かけないので大丈夫なんじゃない?まあ親御さんの考え次第だから、、、とは答えておいたのですが、まさかスバンで野犬に襲われるとは。
それも10匹も!

今後は湖に行くのにも車で行くように夫のはお願いしておきました。健康のために歩きに行くのに、犬に噛まれて狂犬病になんてことになったら本末転倒ですから。
そこまでではないにしろ噛まれて痛い思いをするのも避けたいところです。

道端に座り込んでいるワンちゃん達、車の中から見ているだけならとってもかわいいんですけどねえ、、、。
うわー襲って来るんだーとショック。

ネット申請後の住所確認はしっかりと!!!

ネット申請の後、Unifiは携帯に電話がかかってきて住所に間違いがないか確認されますが(他にも色々言われるのでなかなか聞き取るのは大変かもしれませんが)、TIMEの場合は電話が来ずそのままインストレーションとなってしまうのですが、インストレーション当日にTIMEが指示した住所が実際のお住まいと違う、すぐ近くのよく似た名前のコンドミニアムになっていたことがありました。

その場合いくら「すぐ近くの違うコンドミニアムなんです。こっちへ来てください。」と言っても工事の人は勝手には動けません。
一旦TIMEに連絡して、間違って登録されてしまった住所を正しい住所に訂正してもらい、改めてその住所でインストレーションの指示を出してもらわないといけなくなってしまいます。

どうしてこういうことが起きるかというと、お客様からいただいたご住所をシステムに登録する際に、一文字づつ入力するのではなく、リストにあるコンドミニアム名の中から選択して行く形での登録なので、現地の事情がわからないTIMEの人が同じ通りにあるよく似た名前の違うコンドミニアムをパパッと選択してしまうことがごく稀にあって、その場合TIMEから送られて来たメールでご本人様が間違いに気づいて訂正をしない限り、そのままの間違った住所が工事担当者に伝えられてしまう、という結果に。

UnifiでもTIMEでも、向こうから送られて来たメールには必ず目を通して、間違いがないか(特にご住所は)よーーーーーく確認してみてください。


間違っていた場合は工事前にご連絡いただければ訂正しておきますので。


懐かし〜

昨日はセカンドホーマーさんの16歳になる子供さんがブリティッシュカウンシルの若い子向けの週一のコースを受講する最初の日でした。
夕方5時45分から2時間の授業だったのですが、親御さんが学生時代のお友達と久々の同窓会ということで送り迎えができないというので、じゃあうちがお手伝い(ついでにイカノでタイ料理でも食べよう)ということで、カーブとイカノに行ったのですが、イカノのスーパーをぶらぶらしている時に懐かしいクッキーを発見!



ベルギーの有名なキャラメルビスケットです。いろいろな航空会社でコーヒーと一緒に配られていて熱烈なファンも多いようです。
砂糖をキャラメル化してから作っているそうで甘くてちょっと苦くてシナモンの香りもする、異国情緒に溢れた固めのクッキーです。

私も日本での塾の仕事をやめてシンガポール駐在員だった夫のところに行く前に世界半周旅行(日本ーシンガポールーインドネシアーシンガポールータイーネパールーインドースリランカーモルジブーインドーイギリスーアメリカーイギリスーインドーネパールーシンガポールー日本)をさせてもらった時に、インドからイギリスへ行く飛行機の中で食べてファンになってしまったのです。

今は日本でも通販で簡単に購入できますが、マレーシアにはないのかしら?と常々思っていたのですが、見つかって嬉しいです。

ヨーロッパでの呼び方は「キャラメルビスケット」ですが、アメリカで売り出された時にアメリカではビスケットというとしょっぱい系のサクサクのものを指すらしく、甘くて硬いこのクッキーをビスケットと売り出すのはちょっとまずいとなったそうで、ビスケット+コーヒーと2語を合わせて「ビスコフ」という名前がつけられたそうです。
日本ではヨーロッパから輸入されているキャラメルビスケットとアメリカ経由で入ってくるビスコフの2種類が流通しているそう。

私が昨日買ったのはビスコフでした。
お味はどちらの名前でも同じだそうです。
実は最近はパンや麺類などあまり小麦製品を食べない生活をしているのですが、小さいクッキーなので(ちょっとならいいかな〜)と自分に甘い私でした。

LRT駅直結の新築コンド

今日はセカンドホーマーさんの子供さんの転校先の候補の見学の付き添いの仕事が入っていたので、久々に自分の運転で街に出てみました。(いつもは夫をドライバーに)

うちの裏にあるKTMのスバンジャヤ駅がLRTとくっついたのは以前書きましたが、うちから二つ目三つ目の駅の近くには新築のコンドがいくつも出来上がっていて、これからは便利になるなあとLRTに乗りながら感じていましたが、今日はKL方向に向かって三つ目の駅の近くを車で通りましたが、なんと駅とコンドが直結していました!

下はショッピングモールのようになっていて店舗として使える部分があって、全部お店が埋まればかなり便利になりそうな印象です。(現実はなかなか埋まらないんですけどね)

最近引越したい熱がぶり返してきて(=同じところに住むとすぐ飽きる性格)、もし夫のお許しが出て引越ができるならこんなところもいいなあ、、、と。
もともと車の運転はうまくないし、ホタル見物でくるッと回転する事故にあって車はホントは嫌なので、(年取ったら車の運転はやめ!)って決めていますので、駅直結にはかなり魅かれるものがあります。
スバンUSJの方にも駅とコンドが歩道橋のような形でつながっているところがありますが、ちょっと距離が長くて、たいして魅力的には感じません。
今日見たところは本当に駅に近くて通り沿いにペタペタ貼られた張り紙によると1000SFちょっとあって3ベッドルーム、家具付きで2400RMで出ていました。売値は770Kでした。不動産の価格に比べてお家賃が安いので大家さんは銀行ローンを返すのも大変じゃないかなあと感じますが、借りる側からすると以前に比べて借りやすいお家賃に下がってきているように感じます。


うちの子が大学で取っているファイナンスの授業の先生が「もうすぐマレーシアの不動産はがたっと下がるぞ。」とみんなを脅かしていたそうですが、投資目的の方は今が一番高値で売れるらしいので売ってしまった方がいいようですよ。(知り合いのセカンドホーマーさんでも何人か今年売却した方がいらっしゃいます。どこ方も結構良い値段ですぐに売れたと喜んでいらっしゃいました。)

もちろんご自分で住むために買った方はそのままキープでOKだと思いますが。マレーシアに飽きたと一旦日本へ帰ったものの、やっぱりマレーシアの方が良かったわと出戻り組のセカンドホーマーさんも結構いらっしゃるので、やっぱりマレーシアって暮らしやすいんだろうなあと。(長く住むと飽きるっていうのはありますが)

電話での勧誘でUnifi30メガにアップグレードされた方へ

UnifiからTIMEへの乗り換え時に違約金500RM分をTIMEが割り引いてくれる件、しっかり最初の数回請求書がゼロRMで届きましたので安心していただいていいのですが、別の問題が発生!

最初に5メガ10メガで申し込みされた方にUnifi電話での営業をかけていて、それに応じて30メガにアップグレードしてしまった方が解約する場合、契約期間2年とは最初に申し込んだ時から計算ではなく「30メガにアップグレードした時から」2年となってしまいます。
おまけに「知らなかった!騙された!」的な感情を持ってしまうのは、30メガにはネット以外にネットを使ったテレビ(Hypp TV)の契約も含まれていて、アップグレードから2年経たずに解約してしまうとネットの500RMの違約金以外にテレビの300RMが追加された800RMで請求書が来てしまう点です。

TIMEからはネットの違約金500RM分は割引になりますがテレビの300RMに関しては自己負担しなくてはいけないので、それが嫌な方は「電話ですすめられた際にきちんとした説明がなかった。(英語がよく理解できなかった。)」的な理由でTMと交渉するしかないです。

「契約した覚えがないので払わなくてもいいですよね?」とご相談いただいたのですが、噂ではUnifiの違約金その他払わなければいけない金額を払っていない場合空港のイミグレにデータが渡っていて出国できないようになっているとか。真偽のほどはわかりませんが、噂ではなく本当だった場合は後で面倒なことになりますから、放置は避けていただいてTMと交渉してなんとか支払い免除をもぎ取るのがいいのかなと。
その際は最寄りのTMポイントではなく、KLでしたらメナラTMにあるTMの本部へ行かれた方がいいと思います。

TIME の解約方法

TIMEの解約方法ですが、UnifiのようにTMポイントに直接行かないと解約できないなどという面倒はありません。
解約の申込書というのがありますのでメールでそれを送ってもらい解約希望日その他の情報を入れていただいてTIMEに送り返せばそれでいいそうです。
工事の時にひいたケーブルはそのままでOK。
機器の返還の必要もないそうです。
モデムはTIME専用なので他のプロバイダーに変えた際は使えなくなりますが、ルーターはかなり性能のよいものなのでそのままお使いいただけます。

お引越し先にTIMEがない場合でも2年に満たない時期に解約してしまうと違約金は取られてしまいます。
残り一月とかならその分の料金を払って2年過ぎてから解約するという手が使えますが、何ヶ月分もになってしまえば500払ってしまった方安くなってしまいます。そんな時は悔しいのでルーターをお引越し先で次に使うネットに使ってしまいましょう。
(だいたいTIMEはないけれどUnifiはあるというケースが多いのでその際はUnifiのルーターをTIMEがくれたルーターに交換すると無線で使う場合のスピードが速くなったり切れにくくなったと多少改善されるはず)

今日はモントキアラで15歳のインター生の方の滞在先探しをしてきましたが、お部屋を貸してくださる候補の方に「最近書き込みがないですね。」と言われてしまいましたので、思いついたことを書いてみました。

追伸
本日Unifiで使っていた時の、TMに返さないで取っておいたルーターをTIMEが繋がっているユニットの寝室に置いてみました。
100メガ契約とは言っても壁を何枚も挟んで寝室の奥となるとなかなかスピードが出にくいのですが、Unifiで使っていたルーターを寝室に置くことで大違いの環境に変わります。

寝室でネットを使いたいんだけれど遅いんですよね、とお悩みの方は是非ご相談ください。

ジカ熱、広まりつつあります

つい数日前、シンガポールで45人のジカ熱にかかった患者さんが出たと報道がありました。
その際は誰もブラジルには行っていないと書かれていましたが、今日のニュースでは、罹患者はすでに120人となり、実は5月にブラジルに行っていた男性がジカ熱にかかっていたということがわかったようです。
5月から現在までにシンガポールの地元の人の間でかなりの広まり具合となってしまっていて、妊娠中の女性がかかってしまったケースもあったそうです。
タイでもかなりの患者さんが出ているらしく、二つの国の間にあるマレーシアが無傷な訳がないと思っていますが、実際シンガポール帰りの女性がかかっていたと今日のニュースになっています。

日曜日に子供が大学の授業でパハンの方にフィールドトリップに出かけるのですが、「血を吸うヒルがいるんだって〜!」と心配していますが、蚊に刺されるのも心配です。
長袖長ズボン、出ている部分には虫よけは必須ですね。

熱が下がっても随分長い期間ウイルスは体内に残ってしまうそうです。
お若い方は男性も含め十分お気をつけください。

玄関に監視カメラ

ちょっと前に、サンウェイのコンドミニアムに住む知り合いの中国系マレーシア人のうちが空き巣の被害にあいました。

日本製の検査機器をマレーシア、タイ、インドネシアで販売している会社の社長さん宅で、今は住人のほとんどが隣の大学に通う大学生という環境の中、家族で住み続けているのですが、上の娘さんはアメリカに留学させたり、サンウェイの新築コンドミニアムを購入してそこを学生さんに貸したりしているので、明らかに我が家よりもお金持ち。周りからも見てわかる暮らしぶりです。

そこがハリラヤのお祝いでマネージメントオフィスが閉まって、学生も田舎に帰ったりで人気がない時を狙われてしまったようで、犯人グループはアイアングリルと木製のドアを壊して、テレビのキャビネットの裏に隠してあった金庫の中身を盗んでいったそうです。
コンドミニアム入り口、ロビー、廊下、エレベーター内には監視カメラがありますが、犯人はうまいこと顔が映らないようしていたそうです。
内部のことを知っている人だったんでしょうね。自宅玄関にはカメラはつけていませんでした。

その後プトラジャヤのゴルフ場隣接の高級コンドミニアムに住むセカンドホーマーさんのご自宅が空き巣に被害にあったということで、同じコンドミニアムに住むお客様に監視カメラの取り付けと設定を依頼されました。

被害にあった方はカメラは取り付けていたものの携帯で映像を確認できるが録画ができないタイプだったそうで、それじゃ意味がないという話になって、今回誰かが入った時にその映像を録画できるタイプをというご相談をお受けしました。

常時録画してしまうとデータが多すぎてそれも問題になってくるので、センサーで誰か来たことを感知し、すぐに録画を始め、パソコンだけでなくスマートフォンやiPadなどにその写真を送ってくれるのを選んで取り付けてきました。
録画ができる分以前のものより頼りになるそうです。
(その分携帯やパソコンで設定しておかないといけないのでそのお手伝いに呼ばれました。)

「監視カメラで監視中」と書かれたスティッカーが売られているので、それを貼ることによって犯罪を予防する効果もあるはず。


ついでにうちにもつけてもらう予定です。
盗まれて困るような高価なものはありませんが、他人に家の中を引っ搔き回されるのは気持ちがいいものではないので、まず入る気を無くす意味合いで取り付けました。
最初から狙われないのが一番ですよね。

| 1/94PAGES | >>