calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

categories

archives

大・大・大歓迎なルール改正 No More Agent

貧しい国から海外に出る外国人は、親戚中からお金をかき集め、その上家族が家や土地を担保に借金をして仕事を斡旋するエージェントに高額な斡旋料を支払ってやっとの思いで海外に出てきています。

例えば夫の国からマレーシアに来る場合ですが、マレーシアはお給料も安いので斡旋業者に払うお金も比較的安いのですが、それでも20万程度のお金を用意しないといけません。新卒の公務員の月収が1万円という国ですから20万円でも用意するのは大変です。新卒のお給料が20万円の日本で400万円用意しろというようなものです。
これがもっとお金を稼げる日本に行くなら100万円はかかるかも。ちゃんとビザが出るはずのレストランのコックさんなんかでもなかなか自力で探すのは難しく斡旋業者頼みというのが多いのが現状だと思われます。今問題となっている研修生制度などもそうです。
アメリカならメキシコ経由でアメリカ入国する方法でも(こちらは不法入国っぽいですが)200万円とかいう話です。

うまく入国できて仕事が見つかればいいですが、そうではない場合や仕事が見つかっても途中で病気になって働けなくなったりしたらその借金は全て家族や親戚にのしかかってきます。

常々エージェントにお金をむしり取られなくてもいいシステムで外国人を雇うことはできないのだろうかと思っていました。

マレーシア政府では4月からの申請はエージェントを通さずに雇い主が直接オンラインで雇いたい外国人の情報を送ってビザの申請をしなければならないと方針転換しました。



これで外国人労働者を雇っている会社側の(業者に騙されているのでは?法外な手数料を取られているのでは?)という不安や不満を解消できる。そして「ビザ取得費用は自分で払え。」などとケチな雇用主からの指示で7000RMも払わされていたなどというケースを無くし、マレーシアに入ってからの余計な負担・借金を外国人が負わなくてもいいようにする目的もあるそうです。

これまでも、私が取得しているようなExpatのための就労ビザはエージェントなしに会社がオンラインで申請できる(というかそうしなければならない)ように移行していて、やり方は会社の担当者が呼ばれて講習を受けたりという時期があったのですが、たくさんいる単純労働の外国人労働者のワークパーミットも遅ればせながら同じような形になったようで、本当に喜ばしい限りです。

プランテーションで働く人とかがコブラに噛まれて亡くなったとかいう話を聞くたびに、まだ借金が残っていたのでは?家族はどうやって借金を返すのだろう?と他人ながら心を痛めていたので、自国で多額の借金をしなくてすむようになるなら本当に嬉しい進歩です。
(ただ全ての会社が海外までリクルートに行けるわけではなので、送り出し側での斡旋業者という存在は無くしたくても無くならないのかもしれませんが、少なくともマレーシア側で予定外の余計なお金をむしりとられることはなくなりそうなので、いい方向での一歩ということで歓迎したいと思います。)

前の雇用主にパスポートを取り上げられて返してもらえないとか、長くいすぎてパーミットの有効期限が過ぎてしまって不法滞在状態になっている人も、今の雇用主が申請し直せば不法でなく働けるようになるとのことので、雇っている会社は手続きを取ることを奨励されています。
パスポートがない外国人にはE-KADという1年間有効の身分証明書が発行されるので、その間に雇い主は大使館にパスポートの再発行を依頼し、その後パーミットの申請をするようにとのことです。

皆さんの会社でも夫の国からの出稼ぎ労働者を含めたくさんの外国人を雇っているのではないかと思います。
ぜひこれまでエージェントに払っていたお金を直接海外にリクルートに行く費用に回していただいて、労働者の負担なし(あるいは少ない負担のみ)でマレーシアに連れて来られるようなシステムの構築をしていただきたいです。

偽の称号持ちを見分ける方法

自分に箔をつける目的でマレーシア人が買い求めているものは、博士号のほかにスルタンから授与される称号があります。

フェースブックなどで宣伝されていて、そこにはさまざまな称号の価格表が載っていて、安いものは1万RMから高いものは60万RMまで。マレー系以外は倍かかるとかあるらしいです。
年に何回か100人から200人規模の人を集めての盛大な合同授与式なるものが行われているそうですが、それに参加している人は自分が手に入れる称号が本物なのか偽物なのかちゃんと理解してそれを受け取っているのかは不明です。中には本物をゲットしたと勘違いしている人もいるのでは。

政府の対策としては、ネットで名前を入力すると何年にどこの州のスルタンからその称号が授与されたのかという記録を見ることができるページを用意しています。↓

http://www.istiadat.gov.my/v1/index.php/component/semakanlantikanskp/


nama(名前)のところに調べたい人の名前を入れ、carian pantasをクリックして検索。

教えてくれたお友達はマレー語がわからないので、マレーぐまさんちょっと試してみてと言われたのですが、称号持ちに知り合いはいないのでと答えたら、バドミントンのシルバーメダリストのLee Chong Weiを入れてみろと言われたので早速実験。


出た!使える!

ということで、ボンドガールのMichelle Yeohや ボリウッドスターのShah Rukh Khan、日本人におなじみのジャッキーチェン(Jackie Chan)などいろいろテスト。さすが有名人、全員載っています。

日本人ではビジネスに成功して蚊取り線香御殿と呼ばれる大豪邸に住んでいるという噂のフマキラーの会長さんも、ちゃーんと出てきました。
ネットで調べる方法が一般の人に広まれば、偽の称号を使っていた人も怖くなって名刺に書けなくなったりするでしょうね。

これからマレーシアでビジネスをしようということで、こちらの合弁先を探しているなどという会社の方は、称号を持っているからと言ってすぐに信用してしまわず、まずその称号が本物なのか確認してみてくださいね。

噂によると若い世代で称号持ちと言われているような人たちは、偽の称号か、インドネシアでゲットした称号をパスポートの表記に追加してもらっただけというケースが多いそうです。
授与式の写真だぞ!とパスポート更新時に立派な衣装で撮影した写真を見せるとパスポートの名前の前に称号をつけてもらえたそうです。フェースブックで自慢げにパスポートの写真を載せている人もいます。
でもインドネシアでもらった称号はマレーシアでは認められていないのでネットで検索しても一致する名前と称号は出てきません。これもテスト済み。(暇人か!) パスポートを見せて「ほら、名前の前に称号があるでしょ?」と言ってきても「じゃあネットで検索してみますね。」って言い返してやりましょう。


賄賂で称号を売買するのを禁止する法律

もう1つの称号を手に入れる方法は、賄賂を払ってスルタンから推薦を受けて正規の称号を手に入れる方法。

この方法で過去に称号をゲットした人は、名前で検索するとちゃんと出てきます。ですからすでに手に入れてしまった人を罰するということはもう無理なのではないかと想像しますが、今後賄賂で称号を入手しようとするのが発覚した場合、贈賄側も収賄側も両方処罰を受けることになる新しい法律が今年に入り施行されました。

贈賄側は最高で懲役3年、収賄側はたとえどんなに身分が高い人でも最高20年となる可能性がある、お金を受け取る側により厳しい法律になっています。

称号を与える前に人物調査をしたい場合は警察などの協力も得られる体制作りもされたようです。




写真の人はジョホールのスルタンに200万リンギットでタンスリの称号が欲しいと話を持っていった健康食品の会社の社長。中国系マレーシア人です。
スルタンが怒ってフェイスブックに書き込みしたので慌てて自首してきたそうです。
称号ブローカーではという嫌疑もあって今調査中だそうです。

本人はタンスリという称号を持っていないくせにタンスリを自称し、過去にはスター紙などにタンスリとして堂々と会社の宣伝を載せていました。 その時はネットで調べるなんてできなかったんでしょうね。
今なら新聞社も称号が本物かどうかまず調べてみるのではと思いますが。


政府系の大学の医歯薬学部の5パーセントを留学生に開放



ナジブさんがインドで発表したらしいですが、今年からこれまで外国籍の子供は受験できなかった政府系の大学の医・歯・薬学部の定員のうちの5パーセントを外国人留学生に割り当てる方針となったそうです。

ただし「マレーシアはドクターが足りていないわけではない。むしろ余っている。」状態だそうで、勉強はさせてもらえるかもしれないが卒業してもマレーシアで研修や就職はできない可能性は残っています。(多分今はそこまで突っ込んでどうするかは決めていないはず。)

学費も政府から補助が出ているマレーシア人の学費とは異なるマーケットプライス(ニュースにあった言葉です)を適用とのことなので、私立大学と大差ない学費になってしまうかもしれません。

定員の5パーセントを外国人にする目的は
1 マレーシア人学生が国際交流できるように
2 大学が財政的に潤うように

だそうで、別に大学で学ぶことになる留学生のためを思ってのことではなさそう。
(要は政府にお金がないからここはひとつ外国人から搾り取ってやろう的な計画?)

研究職を目指しどこかの大学院に進む場合はいいですが、診察のできるドクターとして働きたい人は、どこの国でマレーシアのどの大学の学部が受け入れられているかまで調べてから入学を決めてくださいね。

例えば多分現時点ではシンガポールなら医学部はUMとUKMのみ。薬学部ならUSMのみとか。(歯学部は調べていません)
全ての政府系大学がどこの国でも受け入れられているわけではありません。
じゃあUMやUKMやUSMなら問題なしなのかと言えば、外国人の場合研修はどこの国でさせてもらえるのか?という問題がまた浮上してきます。
日本に帰るならまずは日本語での国家試験に合格しないといけません。

過去に何度も書いていますが「医学部を出てもよほど優秀か運がいいか(コネがあるか?)でない限り臨床医にはなれないらしい。」というのが今のマレーシア受験生の認識で、うちの子(医学部ではなく理学部に在学中)が通う大学の医学部も数年前の医学部の合格基準に関しては「すべてにおいてエクセレントでなければならない」なんて高飛車に書かれていたのですが、今年見たらAレベルで14ポイント(2つのAスターに1つのAでOK。さほど高い基準ではない)から合格ラインとのことで、(もしや医学部を避ける子が増えて昔よりレベルが下がった?)と感じていたところだったので、医学部を出ればほとんどの人が医者になれる、医学部が大人気で地方国立大学医学部が東大理Iや理IIよりも難しくなってしまったらしい日本とは事情が全く異なることを頭に入れて進学先を決めていただいた方がいいと思います。

一体学費はいくらに決めてくるのか、それでどのくらい留学生が集まるのか、興味津々です。

注)中国語新聞ではマレーシア人学生が4年と5年のコースで払う学費が15000から30000RMのところ、留学生は40万から50万RMになるのではないかと報じられています。
私立大学の医学部で5年間で30万RMで通えるところもあるので政府系で50万RMってどうなんだろう?

どんな人が騙されたのか?具体例



どんな人が詐欺にあってしまったのかの具体例が2月の新聞に載っていました。
「博士号のために5万リンギット払った中医が10人被害に」

マレーシアにも中国の伝統医学で診察をする中医はたくさんいますが、単に自称の人も多く玉石混合。
そのためマレーシア政府は昨年中医師に関する法律を作りました。
今後は基本大学で中医学を学んだ人、あるいは5年制専門学校を出た人でないと中医とは認められない。
大学に行ってない人、または「5年制」の専門学校に行っていない人(昔は5年制ではなかった)は、技術や知識を図るためマレーシアに3つ存在する中医のアソシエーションに加入するための試験を受験して合格しなければならないことになっています。


中医登録の条件を満たしていなくて、でも試験に合格するか不安で自信がない人が詐欺のターゲットになったのではないかと想像できます。この会社、前はビジネスの学位を売っていたそうですが、中医登録に関する法律が決まってすぐに「中医学の博士号ビジネス」に参入したらしいです。目の付け所がいいというか。

もちろん純粋に「もっと勉強したい!」という熱心な中医さんが被害にあっていたのかもしれないので決めつけてはいけませんが。

アメリカの大学の中医学の博士号が取れるという話が、大学自体がアメリカで認められていないものだった(単なる会社組織だった)ので記事は騙された被害者的な書かれ方をしているようです。
実際にマレーシアで大学院のキャンパスがあって(たとえショップロットの中であっても)授業を受けていたのか、通信教育だったのか、それとも単にお金で博士号を買う気だったのかについては書かれていなかったのですが。
中医登録のためだったなら期限までに早く証明書を入手したいという心理の人も多かったはず。
本来中医学の博士号は中医の勉強と博士課程、研修なども含めるとトータルで11年くらいかかるそうです。まともに勉強するとしたら大変なことです。だからこそ価値があるんだと思います。

成績、お金、勉強にかける時間のどれかが不足していて、でもどうしてもそれが勉強したいあるいは証明が欲しいというような環境に置かれている人が、
「成績が悪くても入れる。」
「他に比べて格安。」
「普通より短い時間でOK。」
などという釣り言葉に騙されてしまうのかなあと感じました。

夫の国から海外の医学部や看護学部に入った子も、成績がよければ自国の国立大学に入れたはず。
お金があれば欧米のしっかりしたカリキュラムの大学に通えたはず。(卒業後そこでビザがもらえるかはまた別問題ですが自国に戻れば認められる大学もないわけではない。)

成績が足りず、お金も足りず、でも医者になりたい、看護師になりたいという子が騙されてしまいました。

プラス情報収集能力ですね。
相手国の医師会や看護学会にメールなり電話なりしてそこの大学の評価を確認するとか、少しでも自分で動いていれば被害にあうのは避けられたはずです。

中医の人で被害にあった人も、アメリカにまず問い合わせてみるべきだったと思います。どこの国にも中医が登録しなければいけない組織とかあるはずなので、その「自称」大学の中医学の博士号がアメリカで中医として登録するために認められているものなのかどうか、聞くべきでした。
言葉の問題で難しければ言葉が堪能な人に通訳や翻訳を依頼するとか、いくらでも方法はあるはず。(そもそも英語で博士号を取ろうという人が英語で簡単な質問もできないはずがないと思うのですが。まあそれは置いておいて。)
何か決断する前に、ちょっとの手間や時間、お金はケチらずかけてみるべきだと感じます。


注)2月の18日の記事では実際に被害にあった人の話が載っていて、経験のある中医の人が「臨床経験があればそれが認められて博士号が取れますよ。」っていうネットの宣伝につられてお金を払ってしまったそうです。
この場合は単に自分に箔をつけたかったという人が被害にあったようです。

学位も買えるマレーシア

2人部屋にいる学生さんが勉強用の机と椅子を交換してほしいというので夫が前にうちの会社で使っていたファイルが縦に入れられる大きな引き出しのある事務用机2つを倉庫から出して来て組み立てようとしたのですが、1つはネジが揃っていたのにもう1つは引越し屋が無くしたのかネジが足りず。
ただのネジではなく特殊な形のネジなので、さあ困った!

夫があちこちのDIYショップやネジ専門店やらで同じネジを探し回ったのですが見つからず。でもプチョンの家具屋さんで働いているバングラデッシュ人のお兄ちゃんが古い家具を分解して部品を集めていたそうで、ちょうど事務用机と同じ形のネジが必要数揃ったそうです。
半分以上諦めていたのに、無事に机は組み立てることができました。
マレーシア ボレー!


探せば色々見つかるマレーシアですが、こんなものも売られているというのが大学の学士、大学院の修士・博士号。
そういう証明を販売しているシンジケートがあって、お金を振り込むと24時間以内に証明書をゲットできるそうです。



これは2月の記事ですが、マレーシアで宣伝している大学や大学院のコースがちゃんとマレーシア政府や海外大学から認められたものなのか、申し込む前にちゃんと調べなさいね。嘘の大学もあるので被害を被らないように、という警告の内容です。
海外の大学のディグリーが取れますなんて宣伝でも実はその大学と全く関係がない人が勝手にそう宣伝していたりするケースがあるのでしょう。
前にも書きましたがうちの夫の出身国から中国の医大に留学した人たちが卒業しても中国でも働けない自国に戻っても認めてもらえないという悲劇がありました。
インドへ看護師の勉強に行った人たちも被害にあいました。座学ばかりで実習させてもらえず注射も打てるようにならないお粗末な内容だったそうで卒業しても看護師としては働けなかったそうです。
大学の宣伝文句を素直に信じてしまわず、申し込む前によ〜〜〜く調べなさいってことですね。

ただ24時間でとなると最初からお金で買う気満々なわけで、詐欺の被害者とは言えませんよね。
被害にあうのはその偽の証明を信じて雇う会社。
採用担当の方、お気をつけください。

ちなみに24時間以内に入手できるという証明は11000RMから15000RMが相場だそうです。

mudha.myの中古車も怪しい

そうそう、つい最近夫がお電話をいただいた方からマレーシアの中古品販売のサイトmudha.myで中古車を購入してトラブルになっているお話を伺いました。

このサイト、以前にもお若いセカンドホーマーさんご夫妻が車を買いたくて英語が堪能な奥様がやりとりしていたのですが、実際に車を見せてもらう際にご主人もご一緒なのを見たら相手側が怪しげな動き(要は車を見せずに逃げて行った的な)をしたらしく、これは中古車販売に見せかけた性犯罪目的だったのでは?と感じたケースがあったのですが、今回のお客様はお金を払って車は手に入れたもののその後ずっと名義変更してもらえないというトラブルでした。

車が法人名義になっているからという理由らしいのですが、会社の人の協力があれば名義変更は可能ですからしないで放置というのは普通はあり得ません。
もしや単に言い訳で、実際は登録証も偽造のもので盗難車か何かなのでは?と余計な心配をしてしまっていますが。今はJPJのウェブサイトで車に登録状況が確認できますからまずそういうので確認をするといいと思います。

色々ご自分で調べたりする自信がない方は、できたら携帯のみでのやりとりで相手が誰だかわからないような取引は避けた方がいいように思います。


材料は本物だった!

昨日紹介した偽造集団の追加記事には、犯人グループはKLで旅行会社を経営、主犯格はブキジャリルに偽造のために研究室を持っていて「博士」と呼ばれていたミャンマー人で仲間はパキスタン人とバングラデシュ人だとありました。
ものによって500リンギットから3000リンギットで売られていたそうです。
この件では中国人は関わっていなかったようです。顧客側に中国人がいたのかもしれませんね。



これは中国語新聞愛読者であるお友達が「こっちも面白いよ。」と送ってくれた1月の記事ですが、称号持ちのマレーシア人の手下と郵便局員と公立学校の教師夫婦が逮捕されました。

売られていたのはパスポート、青いカード、運転免許証、ロードタックスのスティッカー、そして病欠の時に勤め先に提出するための政府系病院の証明書。なんでもござれ!ですね。

偽造されたものとは言っても材料になるのは「本物」だったそうです。
つまりお役所や病院からデータの入っていないカードやスティッカーや証明書を横流しした協力者がいたと言うことです。お偉いさん経由で入手?


記事の中にトヨタのアルファードとあり(儲かったお金で買ったの?)と思ったのですが、そうではなくて泥棒が盗んできた盗難車をバラして組み立て直し改造して豪華車に作り上げていたそうです。そういう車が3台、完成後のベンツとBMWと改造中のアルファードが押収されたようです。ベンツとBMWはJPJに照会しても登録されたデータがなかったそうです。
やることがぶっ飛んでますね。

マレーシア中にこんなことをやっている人がいるんでしょうね。こうやって時折逮捕できているのでマレーシアの警察もなかなか頑張っているなという印象ですが、それでも数が多すぎて手が回らないというのはあるかもしれませんね。

ちなみにこのグループ、長年つかまらなかったことから(自分たちはなんてラッキーなんだ)と喜んで「ラッキー党」と自称していたそうです。もう笑うしかない。

偽造屋集団摘発される!

今日の中国語新聞の記事から。



外国人がやっている旅行会社が、実は不法滞在及び不法就労目的でマレーシアに入ってきている外国人のための偽造パスポートと偽造ビザスティッカーを販売している偽造屋集団だったというニュース。
クランバレーだけでなくペナン、ケダ、ペラ、ネグリスンビラン、ジョホールなどマレーシアのあちこちで暗躍しているそうです。
(さぞがっぽり儲けているんでしょう)

実は今日お隣のショッピングモールにあったダイソーにシリコン付きのアルミ箔を買いに行ったらお客さんが少なくて商売にならないのでお店は閉店になると言われて。同じ階にはレストランや携帯やマッサージ機を売る店、家具屋などがあったのですがお客さんはほとんど見かけず心配していたのですが、ついに。

どこを見回してもなかなかビジネスが上手く行っていないところが多い最近のマレーシアに、どうしてそんなに来たいのか不思議に思ってしまうのですが、露天で物を売ったり乞食をしたりしても自国での生活よりは現金収入があってマシという人がまだまだたくさんいるようです。



これはマレーシアのグリーンカードmyKAS。
色は緑でグリーンのカードではありますが永住を保証するものではなく有効期限5年(更新可)の「臨時の身分証明書」です。ただ青いカードmyKADにアップグレードされるとマレーシア国民と同じ扱いを受けられるようになるそうです。(マレーシア人の配偶者や功労者と認められた人でPRをもらっている人は期限なしの赤いカードmyPRが発給されます。)

マレーシアに入国してなんとか居残りたいという人にとってこういったカードを入手するメリットは不法滞在と不法就労での摘発逃れに加え運転免許証が取得できるということらしく、マレーシアに入国後にこの緑のカードを入手して(もちろんお金で不法に手に入れるわけですが)、マレーシアの免許を取れば大っぴらに運転できるので働ける職種が桁違いに広がります。
一時期はイスラムの国から来た人に対し選挙で某党に投票することを条件にこうしたカードが大量に配られたのではという噂があったのですが(緑のカードでは選挙の投票はできない説もあるのでマレーシア人が持つ青いカードの方が出回ったのかもしれませんし選挙がどうのは単なる噂かもしれませんが)、今はJBなどでこれを不正入手している中国人が増え問題になっているそうです。


偽造集団が連絡に使うのはwhat's appや微信。微信(英語でWeChat)は日本人がよく使っているラインの中国版のようなもので、この偽造に中国人が関わっている証拠と考えていいのではないでしょうか。

まあ日本の方はこういった偽造ビザや偽造カードを買わないかと声をかけられたりすることもないと思いますが、何が起きるかわからない海外ですので、後で「知らなかった。本物のビザ(カード)だと思っていた。騙された私は犯罪者ではなく被害者だ!」と言っても通じない場面も出てくるやもしれず、くれぐれもお気をつけくださいね。
「君子危うきに近寄らず」が一番です。

早速元に戻ったようです

SPMの結果でもらえる国の奨学金の申請基準が早速元に戻ったようです。早い!(日本も教科書で教えなくなると言われていた聖徳太子と鎖国が反対が多く早くも復活が決まったらしいですね。)

知り合いの子供さんが通う公立学校の、同じ図書委員の先輩で「スランゴール州トップ」を取った子の成績は10AプラスにA1つという素晴らしいものだったのですが、新ルールとなれば努力の甲斐もなく奨学金の申請基準を満たさなず奨学金がもらえないという事態になりそうでしたが、それはなんとか回避できたようで、めでたしめでたし。

ただ、従来のように海外の有名大学で希望の学部に進学するといのは難しくなったようで第二の選択としてマレーシア国内の私立大学の希望の学部への進学を、と書かれているそうです。

やはり以前のように海外の有名大学の医学部など指定学部に合格できれば政府が学費も全部出してくれてというようなことは期待できないのかも。


海外に出てしまうと戻ってこない子が多いのもあるのでしょうが、そもそもマレーシアでは医学部を出ても研修先が足りなくて今や研修まで2年待ち、研修を終えてまずは政府系の病院での勤務が義務付けられているのに政府系病院での医師の空きが足りなく(医学部卒業生5000ー6000人に対し政府系病院で職につけるのは年に1000人ちょっとらしいです)、毎年たくさんの人が医学部を出ても医師として働けなくなっている現状で、奨学金での留学から戻った人は最低10年政府系病院に勤務しなくてはいいけないというルールがある一方、奨学金受給者と言えども就職の保証はされていないところに矛盾がでてきています。

シンガポールの国立大学も卒業後シンガポールで3年働くことを条件に学費の割引を受けられる制度があるのですが、創薬・バイオ系の学部を出てしまうといくら世界ランキングの高い国立大学卒でもなかなかシンガポール国内での就職先がないという現実があり(政府が言うほどそれらの業界は成功していないので雇用の規模も小さいため)、卒業してもシンガポールで就職できなかった時は割り引かれた学費の分は返済しなければいけないのか??それとも返さなくてもいいのか?という疑問が出てきますが、それと同じ制度の穴のような気が前からしていました。

うちの子は海外留学は本当に興味がないらしいので院に進むにしてもマレーシアに残るか日本に戻るかの選択しか考えていないようですが、小さい時からアメリカやイギリスの名門校に憧れて頑張って勉強して来たマレーシアの子たち、特に家庭の経済状況が海外留学を許さない家庭の子供たちの中には、生まれてくるのが数年遅かっただけなのに、、、と悔しい思いをしている子もいるのではないでしょうか。

| 1/96PAGES | >>