calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

子供さんのMMSHPが切れて不法滞在状態になってしまったら

懇意にしてくださっているセカンドホーマーさんのお友達で子供さんお二人を連れてマレーシアにいらしているセカンドホーマーさんがビザの更新時期になって初めて子供さんのビザがすでに切れてしまっていることに気がついた、という事例がありました。

周囲の人から「不法滞在になっている。」「捕まって刑務所に入れられてしまうんじゃないか。」「高額な賄賂を払わないといけないらしい。」などと散々脅かされてしまい、困り果てているところ、うちのお客様(過去に子供さん含めたビザの更新のお手伝いなどさせていただいています)が厚木インフォテックさんに相談してみたら?とおすすめしてくださって、イミグレまで付き添いで行ってきました。

ビザが切れていない状況のご家族はご本人が行かずに更新が可能でしたが。ビザが切れてしまっている状態の子供さんは他のご家族とは別扱いで、ご本人が直接プトラジャヤのイミグレに行かなくてはいけないということで、行ってきました。

観光局からはネットにある情報のようにビザがない日数かける30RMの罰金と説明されていたのですが、結果ビザの延長手続きが完了するまでの仮のビザ「スペシャルパス」を100RMで貼り付けてもらっただけで、高額な罰金ももちろん賄賂も払わずにビザの更新ができました。
賄賂賄賂ってどの段階で誰に払うんでしょうね?ローカルのエージェントさんなどに脅かされて賄賂を渡しても領収書などは出ない性格のお金ですし、エージェントが自分の利益にしてしまっていてもお客様にはわかりませんよね。中には(子供が刑務所行かずにお金で済んだ、ありがたい、感謝感激!!!)って感じてしまう方もいる可能性も。

イミグレで日本人のご夫妻の付き添いに来ていた多分マレー系の付き添いの人が「こういうお役所はマレー系でないとことが進まないんですよ。」とお客様に説明していた場面もありましたが、全然そんなことはありません。
今の時代マレーシアのお役所は英語だけで全く問題なく手続き可能です。

ちなみに厚木インフォテックの付き添い料金ですがご夫婦お二人でも子供さんが3人にいて5人家族でも、ビザが切れていてプトラジャヤまで付き添いが必要でも、特に料金の追加はいただいていません。

お困りの方が身近にいらしたらご紹介ください。
注)拘留されなくなったのは近年マレーシアでは外国人が激増し、不法滞在が発覚してもいちいち留め置いておくスペースがなくなったという事情があるためで、何年も前外国人がまだ少なかった頃には、ダトの称号持ちのマレーシア人の奥様と子供さんが知らずにビザ切れになってしまって勾留された事例があったそうです。

幼稚園の子供さんの学生ビザの件

子供が大学生にもなるとお友達との会話も「子供さん就職どうするの?」「インターンシップはどこで?」なんて話ばっかりになってしまうので、小さい子供さんの幼稚園事情などはすっかり疎くなってしまっているのですが、3月に小さい子供さんを連れてマレーシアに移りたいというご相談があって幼稚園事情を調べてみました。

当初はローカルの幼稚園をご希望だったようなのですが、その辺のローカル幼稚園では子供さんの学生ビザは取れないことを説明し、私立一貫校やインターの幼稚部はどうかとなったのですが、実際に直接インターに電話をして情報収集したところKL市内の学校では学生ビザの申請ができるのは「7歳に誕生日が来てから」という説明を受けました。
昔ブログに「KLは6歳からでないとダメ」書いた記憶がありますが、今は7歳にならないとダメなんですね。

同じ学校に我が家があるスランゴール州はどうでしょう?と質問したらスランゴールは6歳からだと思うと言われました。

ご相談のご家庭は子供さんはもっと小さい年齢だったのでどっちにしてもしばらくはビザなしになってしまうようなのでご家族でよくご相談ください、という結果になってしまいました。
(マラッカとかコタキナバルとか州が変わればまた事情が違うかもしれませんが。)

昔は3歳からでも学生ビザがもらえましたし、おじいちゃんおばあちゃんまで家族ビザがもらえたなんて話も聞いたことがあります。だんだんと厳しくなってしまいましたね。

就労ビザ

私の就労ビザの更新が無事終わりました。
毎回毎回言われたものを揃えて提出しても、何か足りないとか作り直しとか言われて一回で終わることはなかったのですが、今回は初めて一回の提出でOKになりました。
(それでも今回もちゃんと提出済みの2年雇用の契約書がないとメールが来ました。ちゃんと見ろ!って感じですが「提出済みです、ご確認を。」「あ、ありました。」とメールのやり取りだけでサイバージャヤまで何度も行かずに済んだのでまあ良しとしましょう。)

子供の大学が1年半残っているので少なくともそれまではマレーシアで働いていたいので、無事に2年の更新ができて一安心でした。

大・大・大歓迎なルール改正 No More Agent

貧しい国から海外に出る外国人は、親戚中からお金をかき集め、その上家族が家や土地を担保に借金をして仕事を斡旋するエージェントに高額な斡旋料を支払ってやっとの思いで海外に出てきています。

例えば夫の国からマレーシアに来る場合ですが、マレーシアはお給料も安いので斡旋業者に払うお金も比較的安いのですが、それでも20万程度のお金を用意しないといけません。新卒の公務員の月収が1万円という国ですから20万円でも用意するのは大変です。新卒のお給料が20万円の日本で400万円用意しろというようなものです。
これがもっとお金を稼げる日本に行くなら100万円はかかるかも。ちゃんとビザが出るはずのレストランのコックさんなんかでもなかなか自力で探すのは難しく斡旋業者頼みというのが多いのが現状だと思われます。今問題となっている研修生制度などもそうです。
アメリカならメキシコ経由でアメリカ入国する方法でも(こちらは不法入国っぽいですが)200万円とかいう話です。

うまく入国できて仕事が見つかればいいですが、そうではない場合や仕事が見つかっても途中で病気になって働けなくなったりしたらその借金は全て家族や親戚にのしかかってきます。

常々エージェントにお金をむしり取られなくてもいいシステムで外国人を雇うことはできないのだろうかと思っていました。

マレーシア政府では4月からの申請はエージェントを通さずに雇い主が直接オンラインで雇いたい外国人の情報を送ってビザの申請をしなければならないと方針転換しました。



これで外国人労働者を雇っている会社側の(業者に騙されているのでは?法外な手数料を取られているのでは?)という不安や不満を解消できる。そして「ビザ取得費用は自分で払え。」などとケチな雇用主からの指示で7000RMも払わされていたなどというケースを無くし、マレーシアに入ってからの余計な負担・借金を外国人が負わなくてもいいようにする目的もあるそうです。

これまでも、私が取得しているようなExpatのための就労ビザはエージェントなしに会社がオンラインで申請できる(というかそうしなければならない)ように移行していて、やり方は会社の担当者が呼ばれて講習を受けたりという時期があったのですが、たくさんいる単純労働の外国人労働者のワークパーミットも遅ればせながら同じような形になったようで、本当に喜ばしい限りです。

プランテーションで働く人とかがコブラに噛まれて亡くなったとかいう話を聞くたびに、まだ借金が残っていたのでは?家族はどうやって借金を返すのだろう?と他人ながら心を痛めていたので、自国で多額の借金をしなくてすむようになるなら本当に嬉しい進歩です。
(ただ全ての会社が海外までリクルートに行けるわけではなので、送り出し側での斡旋業者という存在は無くしたくても無くならないのかもしれませんが、少なくともマレーシア側で予定外の余計なお金をむしりとられることはなくなりそうなので、いい方向での一歩ということで歓迎したいと思います。)

前の雇用主にパスポートを取り上げられて返してもらえないとか、長くいすぎてパーミットの有効期限が過ぎてしまって不法滞在状態になっている人も、今の雇用主が申請し直せば不法でなく働けるようになるとのことので、雇っている会社は手続きを取ることを奨励されています。
パスポートがない外国人にはE-KADという1年間有効の身分証明書が発行されるので、その間に雇い主は大使館にパスポートの再発行を依頼し、その後パーミットの申請をするようにとのことです。

皆さんの会社でも夫の国からの出稼ぎ労働者を含めたくさんの外国人を雇っているのではないかと思います。
ぜひこれまでエージェントに払っていたお金を直接海外にリクルートに行く費用に回していただいて、労働者の負担なし(あるいは少ない負担のみ)でマレーシアに連れて来られるようなシステムの構築をしていただきたいです。

偽造屋集団摘発される!

今日の中国語新聞の記事から。



外国人がやっている旅行会社が、実は不法滞在及び不法就労目的でマレーシアに入ってきている外国人のための偽造パスポートと偽造ビザスティッカーを販売している偽造屋集団だったというニュース。
クランバレーだけでなくペナン、ケダ、ペラ、ネグリスンビラン、ジョホールなどマレーシアのあちこちで暗躍しているそうです。
(さぞがっぽり儲けているんでしょう)

実は今日お隣のショッピングモールにあったダイソーにシリコン付きのアルミ箔を買いに行ったらお客さんが少なくて商売にならないのでお店は閉店になると言われて。同じ階にはレストランや携帯やマッサージ機を売る店、家具屋などがあったのですがお客さんはほとんど見かけず心配していたのですが、ついに。

どこを見回してもなかなかビジネスが上手く行っていないところが多い最近のマレーシアに、どうしてそんなに来たいのか不思議に思ってしまうのですが、露天で物を売ったり乞食をしたりしても自国での生活よりは現金収入があってマシという人がまだまだたくさんいるようです。



これはマレーシアのグリーンカードmyKAS。
色は緑でグリーンのカードではありますが永住を保証するものではなく有効期限5年(更新可)の「臨時の身分証明書」です。ただ青いカードmyKADにアップグレードされるとマレーシア国民と同じ扱いを受けられるようになるそうです。(マレーシア人の配偶者や功労者と認められた人でPRをもらっている人は期限なしの赤いカードmyPRが発給されます。)

マレーシアに入国してなんとか居残りたいという人にとってこういったカードを入手するメリットは不法滞在と不法就労での摘発逃れに加え運転免許証が取得できるということらしく、マレーシアに入国後にこの緑のカードを入手して(もちろんお金で不法に手に入れるわけですが)、マレーシアの免許を取れば大っぴらに運転できるので働ける職種が桁違いに広がります。
一時期はイスラムの国から来た人に対し選挙で某党に投票することを条件にこうしたカードが大量に配られたのではという噂があったのですが(緑のカードでは選挙の投票はできない説もあるのでマレーシア人が持つ青いカードの方が出回ったのかもしれませんし選挙がどうのは単なる噂かもしれませんが)、今はJBなどでこれを不正入手している中国人が増え問題になっているそうです。


偽造集団が連絡に使うのはwhat's appや微信。微信(英語でWeChat)は日本人がよく使っているラインの中国版のようなもので、この偽造に中国人が関わっている証拠と考えていいのではないでしょうか。

まあ日本の方はこういった偽造ビザや偽造カードを買わないかと声をかけられたりすることもないと思いますが、何が起きるかわからない海外ですので、後で「知らなかった。本物のビザ(カード)だと思っていた。騙された私は犯罪者ではなく被害者だ!」と言っても通じない場面も出てくるやもしれず、くれぐれもお気をつけくださいね。
「君子危うきに近寄らず」が一番です。

親子揃ってビザゲットで一安心

昨年大学経由で申請していた子供の学生ビザが、ようやく取得できて、今日パスポートにスティッカーを貼られて戻ってきました。

すでに何らかのビザを取得してマレーシアに滞在している場合の大学の学生ビザ取得に関してですが、以下の場合は今現在持っているビザを一旦キャンセルして、改めて学生ビザを申請しないといけなくなっています。

1 親御さんが就労ビザを持っていてその家族ビザで滞在していて本人が18歳を超えた場合(うちの子の場合これ)

2 ご主人(あるいは奥様)が就労ビザを持っていてその配偶者ビザで滞在している場合

3 インターや私立学校などから学生ビザを取得していた場合

以上のケースは大学からの学生ビザを申請する前に、まず大学からのオファーレターを持ってイミグレに行ってビザをキャンセルする必要があります。

2のケースの場合フルタイムではなくパートタイムの大学院のコース(MBAなど)に通うケースもあると思いますが、パートタイムでも学生ビザの取得が義務付けられています。
これは大学の担当者でさえ理解していないこともあるので、なあなあにせずに、しっかり学生ビザを取得しておいてください。
(つい最近、大学側のミスで学生ビザに切り替えなかったため卒業間近にトラブルになりかけたお客様からのご相談をいただいたばかりです。)

ビザは8週間で出ると言われていますが多分もう少しかかります。

例外)親御さんがMMSHPビザを持っていて子供さんが21歳以下でMMSHPを取得している場合は18歳を超えていてもキャンセルせずにイミグレでパスポートに裏書してもらうことでそのまま大学へ進学できるそうです。
またMMSHPの有効期限である21歳を過ぎても大学在学中はそのままMMSHPで勉強を続けていいと説明を受けたお客様がいらっしゃいます。
今の所はそのような適用がなされているようです。(将来のことはわかりませんが。その都度大学側から最新情報が入ってくると思います。)


追加情報として

インター、私立学校などでは18歳を超えると学生ビザが申請できないため、入学自体を断られる可能性があります。
学年を落としてイギリス式のインターには行ってIGCSEを受験したが5クレジット取得できなかった場合、居残って次の年もとか他の受け入れ先を探すとかいうのが難しくなる可能性が出てきます。

逆に語学学校は18歳以上でないと学生ビザが申請できないため、それ以下の子供さん受け入れしない学校もあります。
(もちろんイギリス式の学校も語学学校も、ビザなしで年齢関係なく受け入れ可能なゆるい学校も探せば存在しますが。)


夫もチャイニーズニューイヤー明けから動き出して何度か行ったり来たりした挙句に今日ようやくサイバージャヤで就労ビザのスティッカーをゲットしてきました。

以前の説明では「今回の更新では3年のビザしかあげられないが、次回は5年OK。」ということだったので期待して5年分申請したのですが、ルール変更で今はどのポジションでも2年しかもらえなくなったという説明を受けました。
ちょっとガッカリ。

でもじゃらんじゃらん掲示板で日本人人気があったらしいうどん屋さんだ唐揚げ屋さんだなどが私が食べに行く前に閉店してしまったというのを読んで「どうして人気があるのに閉めてしまうお店が多いのかな?」と疑問を持ったら、国際結婚組の友達が「思ったほど儲からなかったからじゃない?それに今は就労ビザが厳しくなっていて、夫婦二人で申請したら一人は却下されるって噂になっているよ。」なんて言っていたので、まさに夫婦二人外国人で就労ビザという我が家は無事に更新できるのかヒヤヒヤしながら待ちに待っていたのでしたが、無事に延長できたので、(5年は無理でしたが) 2年でも良しとしておきましょう!









台湾インタービザ情報

台湾インターに子供さんを通わせているお母さんからわざわざお電話をいただきました。
先日保護者を集めての説明会が開かれて、学校側の説明では「インターとして登録し直す件は難しいので諦めました。今後は外国人の受け入れはできません。」という結論だったそうです。

あれだけ立派な校舎に台湾の子供さんしか受け入れられないなんて勿体無い話ですが。

注)前にも書きましたがMMSHPビザや就労ビザがあるご家庭でもだめだそうです。学生ビザが取れなくなっだけの話ではなく外国籍の子供さんは受け入れられないということだそうです。

保護者ビザと小さい子供さんのビザ

学校からご両親お二人の保護者ビザが出ますと言われてインターの編入手続きをされたお客様ですが、今日学校からショッキングな返事をもらったそうです。
以前からKLでは保護者ビザは片親しか出ないという風に変更になっていましたが、お隣の州でもルールに変更があり、今は親御さんのうちどちらか片方の方しかビザがもらえないという説明だったそうです。(まあ想定内と言えば想定内)

ただショッキングなのは小さい子供さんと赤ちゃんのビザももう取れなくなったと言われたこと。
これは上の子供さんの年齢次第と言われていましたが、ルールに変更があったとすると困るご家庭も出てきてしまうかも。

同じ学校に通うご家族がイミグレに確認しに行ってくれるということなので、また何か情報入りましたらお知らせしますね。

ちなみに今免税輸入した車の日本への持ち帰りご希望の方のお手伝いをしている最中ですが、JPJでの手続きも以前より厳しくなっています。
前にはなかった書類、レターが必要になったと昨日今日言われたばかりです。=つまり以前にはなかったものを2種類要求されたということですが。

不正対策という意味合いもあるんでしょうね。

マレーシアのお役所、いきなりルール変更が多すぎ、、、、。

3歳児の学生ビザ とご両親そろっての保護者ビザ

見学に行ったインターですが、どうしてそこが候補になったかというと、以前から3歳の子供さんお持ちの方からのご相談をお受けしていてあちこちのインターに問い合わせをしていましたが、3歳児で学生ビザがもらえる可能性があるという返事があった中の一つだったからです。

もう一箇所は本来4歳からのクラスしかないのですが、オムツが取れているという条件で受け入れ可能で、しかも学費や保証金を払わない段階で登録料500のみでビザを申請してくれて、ダメだったらそれも返してくれるという、とーっても良心的なところが見つかったのですが、先生や学校の設備という点から見学先のインターの方がご希望に近いということでそちらになったわけです。

ビザは出ませんが1歳半から面倒を見てもらえ6時までの延長が可能で将来的にフルタイムで勉強したり仕事をすることになっても長く預かってもらえ安心というのもポイントが高かったのです。


保護者ビザに関してですが、KLのインターではご両親のうちどちらか片方の親御さんしか保護者ビザがもらえないという説明でここも同じ説明でしたが、また別のインターではご両親お二人ともビザはOKという返事をもらっています。

多分学校があるローケーションによって決まっているビザを申請するイミグレによって若干対応に違いがあるようです。
KLが一番厳しい印象です。
KLは仕事も見つけやすく、簡単に保護者ビザを出してしまったらそれで仕事を見つけて働く人が増えてしまう可能性を心配しているのかな?と感じます。
実際MMSHPビザや保護者ビザ、学生ビザで許可なしに働いている人はたっくさんいますから。
(MMSHPと学生ビザは条件付きで働いていいことになっているのですが、許可をもらうのはかなり難しいそうです。そのため内緒で働いてしまうこ人が多いのですが、許可なしで働くことは厳密には不法就労法律違反にあたります)

地方だと仕事はそんなに簡単には見つからないでしょうから、まだイミグレも危機感が薄いのかな?と勘ぐってしまいました。

小さい子供さんをお持ちの方、ご夫婦揃って保護者ビザで滞在したい方、探しようによってはOKな学校もあるみたいですよ。



幼稚園児の学生ビザ (2)

 びっくりして日本にいるお客様にメールをしたら、すでにMMSHPビザは仮承認取得済みなので学生ビザは必要ありませんというお返事でしたので、早速予定通りに学校に申し込みに行ってきました。(ちなみに厚木インフォテックの手数料は他の外に出る仕事同様200リンギットです。あ、猫ちゃんの輸入許可も許可取得だけだったら200です。今日も頼まれて情報収集に検疫所に行ってきましたけど。)

子どもさん3人なので3人分の登録料(気が変わっても返金されないお金です)を小切手で支払い、申し込み用紙に記入して日本から送られてきた写真とパスポートコピーを渡してきました。

学校の事務所のお姉さんたちが、口々に「ビザのルールが変わったのよ、わかっているわね?」と確認してきました。子どもさんが一人しかいなくて幼稚園に入園希望だったご家庭にとってはちょっとショックですよね。

上の子どもさんが6歳以上の場合は、まず上の子どもさんのビザを取得し、下の子どもさんは就労ビザや学生ビザでもなかなかすぐに出ずにビザなし期限が切れてしまいそうになった際に一時的に延長してもらうスペシャルビザというのがあるのですがそれを申請してくれるそうです。
要は学生ビザを取るまでのつなぎのビザですね。(私もこのスペシャルビザ、以前もらったことがあります。1カ月延長で100リンギット取られました。)

一人っ子さんで6歳未満の場合、また6歳以上のお兄ちゃんお姉ちゃんがいなくて弟妹がいるような場合は、スペシャルビザは無理という説明でした。

注1)ブログを読んでくださった方から6歳以上の子供さんで学生ビザを取得している場合のご家族のビザについて情報をいただきました。下の子供さんは赤ちゃん含め、上の子供さんの学生ビザの有効期限まで有効のdependant’s passがもらえるそうです。実際にそうやって取得して滞在しているご家庭が複数いらっしゃるそうで、あまり心配しなくていいようです。(dependent's passは学校に頼まずにご自身でイミグレに行って取得したそうです。)

注2)親御さんのビザは子供さんが何人いても今は片親しかもらえないと何校かのインターから説明を受けていますが、メールを下さった方がイミグレに行った時にはイミグレからおじいさんおばあさん含めご両親も取れるという説明を受けたそうです。ご自分で行かれる方はチャレンジしてみてください。結果を教えていただけるとうれしいです。

| 1/3PAGES | >>