calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

categories

archives

これぞマレーシア

日本の某新聞社の記者の方が、最近日本で大きな話題になっているある事柄について取材をするということで通訳のお手伝いをさせていただくことができました。

お相手は某大学の経済学の第一人者である某教授。
経済学なんてものとはとんと縁のない学生生活でしたので(大学時代は東洋哲学科ですから仏教とか神道とか中国哲学とかそんな授業ばっかりでした)あわてて経済に関係のありそうな言葉のお勉強。(実は大丈夫か心配しすぎて前の夜はよく寝られませんでした。でも結果オーライだったような、、、、)

さて「これぞマレーシア」だったのは、、、、。

タクシーで大学に乗りつけたはいいものの、指定された場所がどこかわからず、それらしき建物の近くにいた人に場所を訪ねたのです。
その人は自信ありげに「あ〜それなら右に行って。この同じ建物の裏側だよ。」と言うので、その言葉に従って歩くもなんか変?
違うのではと思い、戻りかけにあった図書館に入ってみるも誰も人がいない。
かろうじて見つけたお掃除の女性に尋ねると「私はわからないのでメンテナンス担当の男性に聞いて。」と。
メンテの人は「ここを出て左(もと来た方向)だ。」と。
戻る途中2人のガードマンに尋ねると「知らないので3階に上がってそこで聞いたほうがいい。」と言われました。
階段で3階まであがり、ガラス扉のブザーを押して出てきた人に尋ねると、その人もよくわからないということで中に入って他の人に聞いてくれ「多分下に降りて左(もと来た方向)だと思う。」ということで、一番最初にタクシーを降りた場所へ逆戻り

よく見るとありました、建物の壁に小さなサインボードが。
中に入ると、受付の人に「ここではなく2階へ。」と言われ、ようやくそこで教授の秘書的な立場の人に巡り合うことができました。
そこからまた別の階にあった教授の部屋へ案内されようやく当の教授にお目にかかることができたのでした。

とってもフレンドリーな教授でしたが、なんとその方はタクシーを降りた場所ですれ違った男性でした。それも最初に訪ねた相手に「あっち(右のほう=間違っている)だよ。」と教えられていたまさにその瞬間に。

「さっき下でお会いしましたよね?」と言われ「迷っていたんです。」と返事をしたら笑われてしまいました。
最初からご本人に話しかけておけばよかった〜〜〜。人選ミスでした〜〜〜。
(道を尋ねたら親切に教えてくれるけれど、それが間違った内容である確率もかなり高いのがマレーシアです。)

取材の後は記者さんといっしょにタマンデサのパン屋さんへ。(なんでも日本のお知り合いがマレーシアでパン屋さんをオープンするそうです。1度に5店オープンだそうです。すごいですね。どんなパンなのかとっても楽しみですね〜)
普段から仲良くしていただいているセカンドホーマーさんご夫妻もパンを買いに来ていて、急きょ「パンを食べながらセカンドホーマーさんの体験を聞く」場になってしまいました。
その後記者さんはTOKYO STREETを見学のためパビリオンに行き、私はスバンジャヤまで帰ってきたのですが、2人ともセカンドホーマーのご主人が運転する車で送っていただいてしまったのでした。(実はうちで輸入のお手伝いをした車なのでした)
M様ありがとうございました!

そんなこんなでいろいろな方のおかげで楽しく仕事をさせていただいています。感謝。

保険・病院代・レジャー費別だそうです

日本からメールが入り10万円には保険・病院代・レジャー費を含まないそうです。

家具付きだとちょっときついかもしれませんが、家具なしで部屋を借りている人とか、家はもう買っちゃったのっていう人にとっては、それほどきつい条件ではないような気がしてきました。
我が家だって、今は目いっぱいかかっている子供の学費+お稽古ごと(ピアノとバイオリン)がいらなくなって、夫婦2人だけになったらそんなものかもしれません。

今日の昼ごはんは自宅で炒った黒豆を入れて炊いたご飯に、蒸したかぼちゃとなすに自家製ゴマだれをかけたもの、そして今日作ったばかりの自家製福神漬け(かの有名なCookpadの人気レシピから)。
ちょっと外食続きでやばい!という最近だったので久しぶりに自宅で菜食にしてみました。
お金かかってませんね。笑 でもおいしかったですよ。Cookpadさまさまです。

でもテレビに出たいか出たくないかはまた別問題ですもんね。
マスコミに顔を出すのって、好きな人は大好きだし、嫌いな人はぜーーーーったいに嫌って言いますし(出たい人のほうが少ないです)。

マレーシア以外には、インドネシアのバリとか、タイのチェンマイとか、フィリピンのセブとか、暖かくてのんびりできそうなところが企画として挙がっているそうです。
冬の暖房費節約ってことでしょうか。でも今は夏の節電っていう意味もあるかもしれませんね。


ご夫婦で月10万円以下で暮らしている日本人の方 募集中

以前日本から2人のかわい〜〜〜い女の子2人が語学留学にやってきました。

当初安くて有名なヘリテッジホテルに滞在していたのですが、やはりずっと2人一緒というのは疲れてしまうらしく、安いコンドを捜したくて不動産屋紹介のホームページ(かの有名なiProperty.comとかですね。)から不動産屋さんにメールを送ってみても無視され返事が来ないと困っていたとき、うちの会社のホームページを見て相談のメールをくれました。

こちらの不動産屋さんは、会社の固定電話にかけてもまず話が通じず「直接エージェントの携帯にかけてね。」と言われるだけだし、携帯にかけてみれば電話に出ず(特に午前中はだめですね)メッセージで「SMSを送ってね。」と言われ、メルアドにメールをしても返事は来ず、、、、とマレーシア流に慣れていればもう何でもないことですが、日本から来たばかりの人にとっては「何?何て対応?自分が宣伝載せているくせに!!(怒)」って感じになってしまいますよね。

で予算や希望条件を聞いて不動産屋さん数か所にあたって見学をアレンジしてあげて、今やセカンドホーマーの方に人気のタマンデサのダナウプルマイに決まり、マレーシアでの生活を十分エンジョイして日本へ戻って行ったのでした。
(ちなみに2ベッドルームで月1400だったかで、車に乗らないので不動産屋さんの仲介で駐車場を人に貸して100だか150だかもらっていたようです。)

その彼女たち、一人は日本に戻ってから小さな子供さんを集めて英語を教えているそうで、もう一人は以前の勤務先であったテレビ番組制作会社に再就職したそうです。
仕事がない人がたくさんいるらしい今の日本で、がんばって働いている話を聞き、私もお手伝いしたかいがあったとうれしく感じました。

そのテレビ制作会社勤めの彼女から今日電話が入り、月10万円の予算で海外生活をしている日本人ご夫妻の生活を紹介する番組を作る企画があるので、どなたか候補を捜してくださいと依頼が来ました。

家賃もだんだんと値上がりしているKL近郊で、月10万ってちょときついんじゃあ?と返事をしておいたのですが、今日うちに来てくれた知り合い夫婦にこの話をしたら「え〜でもうちは月2500リンギットで暮らしていますよ。家賃1200(ダマンサラのほうの新築コンドを家具なしで借りているそうです)でそれ以外が1300です。そんなうち、知り合いにいっぱいいますよ。マラッカの知り合いは家賃300のところに住んでいるし。KLを離れたら楽勝なのでは?」と言われました。
子供の教育費という出費がなければ、そんなものなのかもしれませんね。

あいにく知人夫婦は来月日本に戻ってしまうのでテレビの取材時にはマレーシアにいなくなってしまうため別の候補を見つけたいのですが、どなたかテレビ出演OK、というかぜひ出てみたいという方いらっしゃいませんか?

月10万円で暮らしている方もそれほどマジョリティーではないと思うのですが、その中でも「テレビ出演OKです。」っていう方の確率も大きくはないと思うで、無理やり頼んで出ていただくより楽しんで出演していただける方のほうがいいのかなあと思っている次第です。

セカンドホーマーさんに限らず、語学留学や現地での就職という形での滞在、または観光ビザで近隣のアジアの国を行ったり来たりという形で滞在している方でもいいそうです。
条件は日本人のご夫妻、月10万円以下で生活(保険などは含まず)という2点のみ。(でもあまりにも倹約し過ぎで水とインスタントヌードルばっかりみたいなのはだめだそうです。贅沢はしなくても、ちゃんとマレーシアの生活を楽しんでいることが必要ってことですね。)
マレーシアでの撮影は7月半ば、放映は8月予定らしいです。

お礼はいくらなのかなど詳しいことまでは聞いていませんので、そのあたりは直接日本側とやり取りしていただくことになると思います。

興味がある方、メールくださいね。

ガイドブック 最後の詰め

 ガイドブックのデータチェックで、電話では済まなかったケースを解決するため、一日KLの街を回ってきました。

夫にクラナジャヤの駅まで送ってもらい、ラピッドKLのクラナジャヤ線に乗りパサールスニ駅まで。パサールスニ駅はセントラルマーケットとチャイナタウンの最寄り駅です。
セントラルマーケットはちょっと前に行ったので、今回は前回時間がなくて行けなかったチャイナタウンの残り2件が目的でした。

一つはチャイナタウンの中にあるお寺さんで、靴の預かりサービスの料金と改装中のお寺の門がどうなっているか確認。(ついでに写真をパチリ!)



二つ目は同じチャイナタウンのお洒落な雑貨屋さんで、前回の本に載っていた商品がまだあるのか確認。
電話で聞いても「電話だけじゃどれのことを言っているのかわからないわ。(メールは使えますか?という質問に)メールは使えないの。」と言われたので直接お店に。残念ながら同じものはもう扱っていないそうですが、かわいらしいものがたっくさんありました。
時間があるときにまたのぞいてみたいです。

次は歩いてマスジットジャメ(モスク)に。観光客の見学可能な時間をチェック。(電話で確認したら「一日5回のお祈り時間以外はいつでもOKですよ。」と言われたのですが、ちょっと信用できず行ってみたのですが、実際は入口に決められた時間が掲示されていました。でもマレーシアなので書いてはあっても観光客には融通きかせてくれるのかもしれませんね。でも公示されている時間帯のほうを調査結果として報告。)



そこからムルデカ広場、国立モスク、KTMビル、旧クアラルンプール駅を歩いて回り、KLセントラルからモノレールでブキビンタン駅まで。
目当てはスターヒルギャラリー。高級品を扱うお店ばっかりが入っているので、もちろんブランド物には縁のない私にとっては初めて足を踏み入れる場所です。
フランスの高級ブランド2つに行って話を聞き、ようやく仕事は完了!

ブキビンタンからチャイナタウンのコタラヤまで歩き、そこからバスでうちまで戻ってきました。
普段なかなかKLの中心部には行く機会がないので、観光客気分でたくさん写真をとってきてしまいました。(笑)
天気がよかったので写真も上手に撮れているように見えますね。





悪戦苦闘?一喜一憂? ガイドブックのデータチェック

最近ブログをご無沙汰してしまっています。
会社設立以来一番忙しい月になっています。

会社の引っ越し、夫のビザ更新(今回はエージェントさんの力を借りずに自力でビザ申請!してみました。結果何回もイミグレに通うはめに。)、自宅の引っ越しの準備のための準備(カーテンレール交換、壁のペンキ一部塗り直しなど。実際引っ越すのはまだまだ先ですが。)、電化製品があれこれ故障し、修理OR買い替え、、、、。

もちろん通常のパソコンのトラブルシューティングやらUnifiの申請やら、車の輸入(今月は8台日本から届きました。)、日本へ帰国される方へのサポート(車送り出し準備の方あり、自動車の名義変更のお手伝いの方あり)などなども入って、せっかく借りた事務所へ行く時間もありません。
オフィスビルのくせにまだ電話もネットもつながっていないので(さすがマレーシアのんびりです。)行っても仕方ないんですけど、、。

そんな中私が担当しているガイドブックのデータチェックのお仕事ですが、結構苦戦しています。
前回紹介したお店やレストランがかなり閉店してしまっているため、閉店確認した後にページを開けないように別のおすすめ店おすすめレストランを見つけなくてはいけないのですが。

たとえば今日取り組んだ某地域のレストラン情報。

1 まず掲載された電話番号に電話。
2 電話が通じないのでネットで検索して何か情報がないかトライ。
3 更にツーリストインフォーメーションの協力を求める。
4 実際はあまり役に立たなかった。情報はアップデートされていないようです。
ここまでが昨日の段階でした。

5 困り果て現地に住んでいる方(お土産屋さん経営の国際結婚組日本人女性)に助けを求めたところ快く協力していただけ、わざわざお店のあったところまで閉店しているかどうか見に行ってくださったそうです!(本が出版された後でこの親切なお土産屋さんがどこのお店なのか紹介しますね。)
6 すでに閉店していることを確認し、別のおすすめレストランを紹介してもらう。
7 お店についてネットで情報収集。
8 なんとかオーナーの携帯番号をゲット!!!
9 電話をかけてみると
 「もうすぐメッカに巡礼に行くので2週間マレーシアを留守にします。今お店は閉めているしもう時間がないので戻ってから連絡します。」がーーーーーん。ショック。(今月末締切デス。間に合いません。)
  もう一軒教えていただいたお店のオーナーさんにかけると
 「今イタリアなんです。(オーナーさんはイタリア人?)マレーシアに戻ってから話を聞きます。」がーーーーーん。

ってな感じで悪戦苦闘、一喜一憂という言葉がふさわしい毎日を過ごしています。

でもメッカに行くオーナーさんの弟さんが日本に留学していて日本語OKでメールで協力してくれるかもという話になっていますし、イタリアにいるオーナーさんは水曜日にマレーシアに戻るそうで、締切までには何とかなるかな?とまだまだ楽観的な私です。

明日はKLの中心部に行ってショッピングモール内のお店でのデータチェック。
ついでに前回ガイドブックに載っていなかった誰でも知っている人気店(私の一番のお気に入り。なぜここを紹介しない?!と憤慨しているところです。)でランチをし、写真など取ってくる予定でいます。(その前にプトラジャヤのイミグレに行かないと。)





電話かけまくり!

 地球の歩き方に引き続き、別のガイドブックの改訂版のためのデータチェックのお仕事をいただきました。
なんでも日本の3大ガイドブックと言うのがあるらしくそのうちの一つだそうです。(私は海外でも親戚および知人宅に泊めてもらう旅行が多かったので、ガイドブックというものはほとんど使ったことがありませんのでよくわかりませんが)
通常は日本からライターさんが派遣され、ホテルに泊りながら取材したりするそうですが、今年は予算の関係上マレーシア在住のものが電話でチェック(=経費節約)となったそうです。

今朝からランカウイやトレンガヌやボルネオのホテルやお土産屋さんに電話をかけまくっています。全部で300数十件チェックの必要があるらしいです。

その中の一つにコタキナバルのハンドメイドチョコレートのお店SIMPLY CHOCOLATEがありました。
電話に出たのは中国系のおじさん。息子さんといっしょに手造りチョコを作っているオーナーのウイリアムさんでした。マンゴーやドリアン、コーヒーなど50種類もの味と香りのチョコがあるそうです。

「KLのほうでは売らないんですか?」と聞いたら、輸送費を入れたらなかなか儲けが出ないのでということでしたが(手造りなので材料費もかなりかかるらしいです)
ネットでの評判はかなりいいみたいなので(お店の名前で検索すると日本の人が紹介しているブログやホームページが見つかります)ぜひ将来的にはKL近郊でも手に入るようになってほしいです。

ウイリアムさん「コタキナバルに来たらぜひ工場に寄ってってよ。」って言ってました。
コタキにお出かけの際はのぞいてあげてくださいね。

電話 088−728−850


ダイアモンド社ビジネス本のダウンロード無料キャンペーン終了

 今年の日本での売上NO1の本は、ダイアモンド社の『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を 読んだら』という長ったらしいタイトルの本(通称「もしドラ」)だそうです。
ダイアモンド社の社員さんたちも、担当の方以外はタイトルを正確に言えないそうです(笑)。

そんなダイアモンド社の今の一押しビジネス本が12月2日に発売開始となりました。

**************************************************************

『顧客が熱狂するネット靴店 ザッポス伝説−−アマゾンを震撼させたサービスはいかに生まれたか』
期間限定電子書籍無料キャンペーンのご案内

電子書籍(iPhone、iPad、iPod Touch版)の発 売を記念して、2010年12月19日(日)〜2010年12 月21日(火)まで、期間限定のダウンロード無料キャンペーンを実施中です。
iTunesにアカウントをお持ちの方なら『ザッポス伝説』の電子書籍を無料でダウンロードできます。
22日(日本時間)に日付が変わると終了しますので、ご興味をおもちの方はこの機会をお見逃しなく。***無料キャンペーンはすでに終了しています。***
詳細は『ザッポス伝説』HPをご覧下さい。
http://dhbookj.typepad.jp/
なお、お友達やお知り合いの方々にもこのキャンペーンをお知らせいただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

**************************************************************

日本語訳は、東大の工学部卒の本荘さんという方と、私が大学時代に初めて海外旅行でタイ・ネパール・インドに行った時の旅仲間である豊田早苗さんが担当しています。

アジアにはまってしまい、ネパール人と結婚しシンガポール→マレーシアと居続けることになってしまった私とは違って、大学卒業後はイギリスに渡りネイティブ並みの英語力を身につけケンブリッジ英語検定の特級を取得した後日本へ帰国。
現在は通訳・翻訳のプロとして頑張っています。

上記の本はダイアモンド社今の一押し!!だそうです。
ぜひこのダウンロード無料キャンペーンを利用して読んでみていただけるとうれしいです。

***無料キャンペーンはすでに終了しています。***


またまたテレビの取材

 またまた日本からテレビの取材が来るそうで、MEDIABOXの石田さんから出演者探しの依頼を受けました。
一時期ロングステーとかの番組はちょっと人気に陰りがでてきたと聞いていたのですが、そうでもないらしいですね。エアアジアが飛ぶというのもマレーシアが再度注目されるようになっている理由かもしれませんね。

さて、まず最初に日本人会で月2回行われている現地校・インター校に通う主に国際結婚家庭の子供たちのための日本語の教室でボランティアの先生役をしてくださっているT様ご夫妻にあたってみましたが「テレビ取材は嫌い。」ということでお断りされてしまいました。

次に同じPWTCエリアのコンドにお住まいで、お嬢さんと3人でマレーシアに滞在されているI様にお願いしたところ、快く引きうけてくださいました。
I様のお嬢さんは英語の語学留学の後こちらの大学に入学し、英語の専門コースで勉強中。
ご両親も平日はフルタイムで英語を習っています。
マレーシアは車社会なので郊外に住んでしまうと車なしでの生活はきついですが、I様のようにKLのど真ん中に住むと駅まで歩いて行けるし電車通学も楽です。



スンガイブローのK様宅にテレビ出演のお願いにあがりに

 今月取材に来る「北のほうのテレビ局」のマレーシアでのロングステイ関連の取材ですが、「その地方出身の方に出演をお願いしたい。」ということだったのでスンガイブローにお住まいのK様ご夫妻にお願いをしたところ快くお引き受けいただいたのは少し前に書きましたが、今日はご挨拶と打ち合わせのためにご自宅まで伺いました。MEDIABOXの石田さんもご一緒しました。

IKEAからずっと北にあがったところにあるコンドは、緑に囲まれいて、バルコニーからの眺めもとっても素敵でした。

日本から連れてきたかわいい猫ちゃんを見せていただき、おいしい和菓子とお茶でいただきながらいろいろ楽しくお話を伺った後、みんなで夕食でもということになり、DESA PARKCITYまで向かいました。
DESA PARKICITYでは、日曜日と言うこともあってたくさんの人が集まっていました。特に空にはたくさんの凧が舞い緑の芝生にはたくさんのワンちゃんたちが。
駐車場は止めるところを見つけるのも大変なほどでした。

かわいいワンちゃんたちがい〜っぱい。

夕ご飯は、どこにしようか迷いましたが、結局日本食の「楽膳」さんに決めました。
銀だら定食がおいしかったです。
ここも中国系の家族連れでいっぱいでした。

スンガイブローのK様にテレビ出演のお願い

 MEDIABOXの石田さんの依頼で、スンガイブローのコンドにお住まいのK様に来月のテレビ番組の取材への協力をお願いすべく、電話をかけてみました。

K様ご自身は快く引き受けてくださったのですが、前回も最初お願いしたご主人様のほうはOKだったのに後から奥様のほうがだめということで結局ご協力いただけなかったケースがあったため(テレビ取材のアレンジもなかなか大変なんですね)念のため奥様にも確認してみてくださいとお願いしました。

来月は1時間番組だそうなので、気の乗らない方にお願いするにはちょっと長いですから。
いいお返事がいただけるといいのですが。

石田さん共々心配してお返事を待っていましたが、K様の奥様からも出演OKがいただけたとのことで、一安心です。

| 1/2PAGES | >>