calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

categories

archives

税金を払って輸入した車の名義変更

最近マレーシアから日本へ帰国されるお客様が増えていて、仲良くさせていただいていたお客様だと寂しい気持ちもありますが、正直(日本に帰れてうらやましいわ〜うちはいつ帰れるのかしら)と思うことも。

それはさておき、マレーシアでは車があると行動範囲も広がりますし多くの方が車を購入したり日本から持ち込んだりされていますから帰国時にはお車をどうするかという問題が出て来ます。

一番いいのは日本人同士でネットの掲示板などを使って売り買いすることです。中古車屋さんは車が売れないかもというリスクを抱えるのを嫌がりますから買い取ってもらうとなるとかなり安い値段で買い叩かれてしまいますから。

日本から持ち込んだ車の場合、セカンドホーマーさん同士で「車のお金は一切いらないので自分で税金を払って名義変更してくださいね。」という条件でただで譲って行かれる方も。

ただマレーシア持ち込み時に税金を払ってしまっているとそうはいきません。税金分を考えると中古車屋に安く売るのも納得がいかないでしょうし。
最近話題のCarsomeに査定をお願いしようとしたらお役所に提出してしまっているAP(輸入許可)のコピーだのForm何番だのを出さないと受け付けてもらえないと言われたとご相談をいただきました。
個人輸入だからForm何番なんてないんですよ、APなんか名義変更には必要ないんですよ、と言っても「個人輸入?なにそれ?」みたいな対応だったそうです。
結局知り合いのマレー人のつてでマレー系の人が買ってくれることになったのですが、現金が用意できないとギリギリまでことが進まず、帰国時は迫るでハラハラしましたが、ようやくお金が用意できたということで、じゃあ車検に行きましょうと車検に持ち込むと、次はマレーシア輸入時に登録されたエンジンナンバーが間違っていた(車検場の手抜き)ことが発覚。
JPJで訂正が必要とのことでまた時間を取られ、、、。

本当にギリギリでしたが、エンジンナンバー訂正後はAPのコピーなど必要なく、すんなりと名義変更完了!

オーナーさんは心安らかに明後日の便で日本へ旅立っていけることとなりました。

中古車屋さんに話を持ち込んで「APのコピーetc」という言葉が出てきたら、その業者さんは個人輸入の車を過去に扱ったことがないという証明です。
面倒くさい話になってきますからその業者さんは避けた方が無難です。

mudha.myの中古車も怪しい

そうそう、つい最近夫がお電話をいただいた方からマレーシアの中古品販売のサイトmudha.myで中古車を購入してトラブルになっているお話を伺いました。

このサイト、以前にもお若いセカンドホーマーさんご夫妻が車を買いたくて英語が堪能な奥様がやりとりしていたのですが、実際に車を見せてもらう際にご主人もご一緒なのを見たら相手側が怪しげな動き(要は車を見せずに逃げて行った的な)をしたらしく、これは中古車販売に見せかけた性犯罪目的だったのでは?と感じたケースがあったのですが、今回のお客様はお金を払って車は手に入れたもののその後ずっと名義変更してもらえないというトラブルでした。

車が法人名義になっているからという理由らしいのですが、会社の人の協力があれば名義変更は可能ですからしないで放置というのは普通はあり得ません。
もしや単に言い訳で、実際は登録証も偽造のもので盗難車か何かなのでは?と余計な心配をしてしまっていますが。今はJPJのウェブサイトで車に登録状況が確認できますからまずそういうので確認をするといいと思います。

色々ご自分で調べたりする自信がない方は、できたら携帯のみでのやりとりで相手が誰だかわからないような取引は避けた方がいいように思います。


勝手に登録されていたお車の件、解決済みです。

「中古車屋に車の売却について相談したら知らないうちに名義を変えられてしまってい」というビックリの事件、無事解決しました。


今はネットでJPJでの車の登録情報というのは確認ができるようになっているのですが、それを見ると、なんと7月にはすでに中古車屋名義になっていて、車の持ち主の方は知らずに4ヶ月も過ごしていたことになります。
その間何度も車を持って来いと催促の電話があったそうですが、まだご帰国まで日もあり通勤にも使うということでお車は預けなかったのがよかったのか、名義の件が発覚後「JPJが悪い。うちは悪くない。」と責任は否定しながらも、持ち主の方の名義に戻すことは同意してくれたので、車検の合格証を持ってJPJへ行き、持ち主の方の名義に変更してもらい、すぐにその足で車を購入してくれる別の中古車屋さんと別のJPJに行って名義変更できバンクドラフトでお金をゲット。ご帰国前になんとか解決できました。
持ち主に名義を戻す際は悪徳中古車屋からは人が来ず、JPJにいつもたむろして名義変更の手伝いをしているプロの人が会社の委任状を持って代理として名義変更したのですが、そこで「200リンギットかかるから払ってくれ。」と言われ持ち主の方が支払う羽目になったそうです。本来は出す必要がないお金です。
でもまあ、名義変更できないまま日本に戻らなくてはいけなくなるのに比べたら200リンギットの損で済んだのはめでたしめでたしと喜んでいいことなのではないでしょうか。

この悪徳中古車屋、吹きっさらしの広いスペースに古い韓国メーカーの車やローカルのメーカーに車が100台程度?もっとたくさん?並んでいたそうです。日本車、ヨーロッパ車も少ないながらも置いてあり、単に車の台数だけ見れば「手広くやっている」感があるところのようですが、実際は「売れない車がたくさん並んでいる」と考えるべきで(うちは2台とも夫の趣味で韓国メーカーの車なのですが、今は韓国車はめちゃくちゃ人気がなくて売るに売れないというのが現状です。)、名義変更してしまっているなら安くてもいいのでお金を渡してくれればと思いましたが、お金は払わない、そもそも会社にお金がないから払えないと言われたそうです。
その結果、持ち主へ名義を戻すという方法を取ることになったのですが。

マレーシアの経済は日本の方が思う以上に悪いようで、中古車も2年くらい前に比べて売り買いの数自体がものすごく減っているそうです。
ですから昔の感覚で金額を高め設定にすると売れないのが現状です。売りやすいと言われているマイビでさえそうらしいです。
帰国間際になったらあまり粘らず、買ってくれる人がいる金額でさっさと売ってしまうのがいいのかなと感じています。

とっても怖〜い、マレーシアの車の名義変更ルール

盗難車が勝手に売却され、勝手に名義変更されてしまうケースが多かったため、一時期は厳しくなっていた車の名義変更のルールですが、今は業界からの圧力からか、ひっちゃかめっちゃかになってしまったようで、日本に帰国される方日本にとってはとっても怖〜〜い状況が起きてしまっています。

というのも、自動車登録証、以前はピンクの紙で、中古車の場合歴代の持ち主の情報もその紙に追加される形だったのですが、今はサイズが小さくなって新しく発行され、今現在の持ち主の情報しか載らないようになっています。

昔はピンクの紙のオリジナルをJPJに持っていかなければ名義変更できなかったのが、コピーでも受付てもらえるようになりました。

中古車屋さんに行くと「本人が行かなくても大丈夫。車はマレーシアに置いていけば希望額で売れた時にお金を振り込んであげますよ。」と耳障りのいい話も聞くことでしょう。

でも、本人が行かなくてもいい、登録証もコピーでいい。
ということは、査定してもらうためだけに中古車屋さんにデータを送ってしまうと、または車を見せに行った際にお店にコピーを取られてしまうと、「持ち主の意思に関わらず、勝手に知らない間に名義変更されてしまう」ということが起きてしまいます。そしてお金を払ってもらえなかったら?

セカンドホーマーさんなどで日本に帰る時期をずらせるとかまた時間を作ってマレーシアに戻ることができる環境なら、警察に訴え弁護士をつけて時間をかけて戦えるかもしれません。
でももしあなたが忙しい日本企業の駐在さんで、日本に戻ってしまったらまとまった休みなど取れない環境で働くことになったら?
勝手に車の名義を変えてしまってお金も払ってくれない中古車屋と戦うために、わざわざ休みを取って飛行機のチケットを買って、ホテル代払ってマレーシアに来ますか?

きっと100%に近い形で「泣き寝入り」ではないでしょうか?

今、実際帰国間際になって、ローカルに紹介された中古車屋に査定してもらっただけなのに、勝手に名義をその会社のものに変更されてしまっていた駐在さんがいらっしゃいます。現金買取をしてくれる別の業者に売ることにしJPJに行って初めてすでに自分の名義ではないことを知ることに。もちろんお金は受け取っていません。うわ〜マレーシア怖い!!!

帰国の日までに解決できるのか????

会社は「うちは悪くない。JPJが間違っただけだ。」というわけのわからない言い逃れで今のところ解決に動く気はなさそうです。
そのJPJに車の情報と持ち主の情報を渡したのは誰だ?って話ですよね。
JPJは「最近多いんですよね。」だそうです。


みなさん、査定してもらう際もコピーは渡さないように。
年式その他、一旦自分でメールに書き写すとか、メモを渡すとか、自衛しましょう。
「希望額で売ってあげるから車を置いていきなさい。」という甘い言葉も信用しないように。
車を渡すのはお金を受け取ってからです。
くれぐれも、くれぐれも、お気をつけください。

「JPJ、本人は行かなくても大丈夫ですよ。日本に帰ってからでもうちでやっておきますよ。」=「あなたがいなくてもうちは勝手に売って名義変更できちゃいますよ。」と変換して聞きましょう。
実際今はできます。それは面倒だからJPJに行きたくない顧客にとってはサービスの一環かもしれません。
でも車を預けた後にお金を払ってもらえるのか、あなたが車の代金を手にできるのかは別問題です。
悪い業者も多いです。

最近はこういう事件が起きているらしいよ、とみなさんも帰国間際に車子売却を考えている方が周りにいらっしゃったら教えてあげてください。
帰国する日本人や外国人を狙った犯罪、許せません!!!


追伸、コピーでいいということは車の中に登録証のコピーを入れておくというのももちろんダメ!ですね。盗まれたらもうおしまい、ってことに。
入れている方、すぐに取り出しましょう。


車の名義変更

 以前盗難車の売却防止などの観点からルール変更があって、名義変更の際は売り手、書い手ともにJPJに行ってお役人の前で本人確認、売却、名義変更の意思確認をするようになったと書きました。同時に、中古車業者などの反発もあって長続きしないかもと書きましたが、実際すでにルール変更はまた変更され、本人確認作業はなくなったそうです。

まあマレーシアではよくあるケースと言っていいでしょう(笑)。

ただ新しい書類が増えたりということもあり直接JPJに出かけて行ってもそこだけでは名義変更できないようなので、ある程度事前の準備が必要なようです。



中古車の名義変更 手続きに変更

 3月。日系企業の駐在員の方は日本に本帰国になったり他の国に転勤になったりする時期ですね。
今まで乗っていたお車を売却していかれる方も多いのではないかと思います。
厚木インフォテックでも名義変更のお手伝いをさせていただいていますが、つい最近、ほんとに先週(3月7日より)のことですが名義変更の際の手続きに変更がありました。

マレーシアでは車の盗難も多く、知らないうちの売りさばかれているケースも多いようです。
私の知人(元パール会のメンバーさん)は中古の日本車を相場よりもかなり安いお値段ですすめられて購入したそうですが、その車が盗難にあい、保険をおろそうと手続きを始めたら車の登録証が偽物だった=実は盗難車を買わされていたということが発覚。
盗まれても保険金はおりなかったという話です。

そんなマレーシアですので、お役所も盗難車の売買には取締りを厳しくしていこうという姿勢で、今までは帰国時に中古車屋さんにパスポートコピーを預けてお金をもらってさっさとマレーシアを後にしてしまうということもよく行われていたのですが、今後はそれは通用せず、かならずご本人様がマレーシアにいる間に名義変更手続きをしないといけないルールになりました。(そうでないとプトラジャヤの裁判所の許可を取る必要が出てくるそうです。いかにも面倒臭そうですね。)

たとえば免税で持ち込んだセカンドホーマーさんの車を譲り受け、税金が安くなるまでは名義変更せずにそのまま乗っている方もいらっしゃるかと思いますが、この場合も今現在のルールでは売り手の元(?)セカンドホーマーさんにわざわざマレーシアに来てもらわないと名義変更できないということになります。
お元気でマレーシアに来ていただけるならいいですが、帰国後にお身体の具合が悪くなってしまい飛行機に乗るのは億劫でマレーシアには来られないとかいう事態にもなりかねません。(お年を召された方も多いですから)

正式に名義変更できないとなると、次に他の人へ売却しようとしても売れないことになってしまいます。お気をつけください。(まあローカルの人の場合は安く買えるのであれば名義は気にしないという人も多いようですが。最近は日本人も同じ?)


とは言ってもこのルール、中古車業界からの反発も予想され、あまり長くは続かないのでは?と感じている人も多いようです。どうなることやら。



モントキアラのB様に自動車登録証をお届けに

 KLセントラルにお住まいだった駐在員のK様が日本へご帰国されることになり、所有されていたお車を別の駐在員の方の奥様に売却されたので、名義変更のお手伝いを依頼されていました。

自動車の名義変更ですが、以前はJPJでの手続きだけでよかったのが数年前からまず車検場に持って行って車検をパスしなければJPJでの名義変更へ進めなくなっています。

それに加え今はJPJでの登録も1日では終わらないシステムに変更になり、初回の登録時に支払うだけだったお金も、名義変更でもしっかり徴収されるシステムに代わってしまっていました。

モントキアラのB様には予定よりもお待たせしてしまったので、きっと心配していらっしゃったことと思いますが、ようやくご自宅に名義変更の終わった自動車登録証をお届けにあがることができました。ほっと一安心でした。



日本から輸入した車の売却のお手伝い

わが社のお得意様 モントキアラのS様は、海外暮らしが長く、中国・パキスタン・アメリカの後にマレーシアに赴任され、23年間お仕事をされていたのですが、昨年定年退職され、しばらくマレーシアで悠々自適な暮らしを満喫したのち、今回娘さんやお孫さんの待つ東京へ、実に数十年ぶりに戻る決心をされました。

お気に入りの大理石のテーブルやら、かなりの大物家具を持って帰るということで、今引っ越し準備の真っ最中だそうです。

S様は数年前にマレーシアの自動車販売業者さんから、日本から輸入されたトヨタの車を購入され、毎日マレー系のドライバーさんの運転で通勤。
購入時には銀行ローンを組んだそうで、日本への帰国準備ということで早々とローンは返済し、買い手を探していたのだそうです。

ところが、うまいこと金額で折り合っても、買い手が銀行にローンの相談に行くと銀行から「銀行ローンは組めません。」と断られてしまったそうです。(中古車屋さんの話では一旦ローンを組まれてしまった車は、ローンを返済してからも「クーリングピリオド」といってしばらく時間をあけないと次のローンが組めない仕組みになっているらしいです。)
3月からずっとそんなことをしていて、帰国の日が近づいてきても車が売れず、さあ困ったということでSOSが来ました。

そこで知り合いの高級外車を多く扱う中古車販売業者さん(中国系マレーシア人)に相談。最初は「値段が高すぎるから買い取れない。」と渋っていたのですが、ぎりぎりになって「やっぱり買い取りたい。車を見せてほしい。」となりました。

モントキアラまで車を見に行って、実際にちょこっと乗りまわしてみてその場で「買います。」(お〜買うんですか?)
値段の交渉は、S様のご希望が10万リンギットだったのですが、業者さんが「9万では?」と言ったら即OKになってしまい(笑)、簡単に交渉がまとまってしまいました。早い!
中古車屋さんの場合は銀行ローンを組むわけではないため、そのあたりも問題ありません。

9万リンギットは「これから日本に帰国するのにマレーシアの銀行に振り込まれても困る。」ということでバンクドラフトの形にし、S様が日本に戻られてから日本の銀行に行って現金化するということになりました。

それにしても9万リンギットぽんと出せてしまう中古車屋さんもすごいです。
ある程度買い手のあてがあるからこそ、お金も出せるのでしょうが。
最近のマレーシア人(特に中国系)のお金持ちぶりはすごいですね。お店にはベンツやらBMWやら何台も並んでいるそうです。どうりで「家族で北海道旅行行ってきたよ。」「今週は北京に遊びに行く。」とか言っていられるんですね。(北京の感想は「渋滞がひどく物価も高いし、行く所じゃない。マレーシアに戻ってほっとしたよ。北海道の方が何倍もよかった。」だそうです。)

ちなみにこの車2006年のカムリ(革張りシートのちょっとグレードの高いやつ)だったそうです。
カムリは人気あるみたいですよ〜。

日本からの輸入車はいくらで売れるのか?

 MMSHPで日本からお車を輸入し、今日本への帰国を考えていらっしゃるN様からの依頼で、マレーシアで売却した場合にいくらくらいで売れるものなのか、中古車屋さんにお車の写真や情報を渡して調べてみてもらっていました。N様ご自身も、日本語情報誌や日本人会などにちらしを入れて宣伝している中古車屋さんにコンタクトを取って確認していらっしゃいました。

その結果ですが。(以下中古車屋さんからの話)

マレーシアで人気のある日本の車メーカーは、ダントツでトヨタ。次にホンダ。
売りたい車がトヨタのカムリやホンダのアコードなど、マレーシア人に人気の車であれば、すぐに買い手はつく。

マレーシア人は中古車を購入する場合も現金ではなく銀行ローンを利用するケースが多く、中古車屋がその手伝いをするのだが、カムリやアコードなど人気車であれば銀行のほうもよくわかっていて、ローンが簡単に降りる。

それに対し、人気のないメーカーの聞いたことのない車種であれば、まずマレーシア人にどんな車なのか説明すること自体が難しい。マレーシアで部品が簡単に手に入るのか?など心配する人も多い。

実際に見てもらって状態がいい車で買いたいという人が現れても、銀行のローンがおりにくいので、買いたくてもローンが借りられず買えないという結果になる場合も。
現金で数万RMぱっと用意できるマレーシア人は少ない。

たとえば新車価格が同じトヨタの人気車と、そうでないメーカーの、マレーシア人が知らないような車では、同じ年数経っていても売却時にはかなりの差が出てしまう。
たとえばカムリなら7万RMで売れるが、同じ年式で日本での新車価格は同じだった車は5万RMしかつかないということが起きうる。

中古車屋では、修理・整備をした後に利益を上乗せして次のお客様に売ることになるため、中古車屋の買い取り価格となるとマーケットプライスよりもさらに安い値段でしか買い取れない事情がある。

個人間の売買で、銀行ローンを使わずキャッシュで買ってくれる人を見つけられれば、ある程度希望に近い金額で売れる可能性もゼロではないが、、、。



だそうです。
N様のお車は残念ながら「マレーシアでの人気車種」ではなかったため、日本語情報誌に宣伝している中古車屋さんも同じような感じであまりいい返事はもらえなかったようです。個人で買ってくれる人を探していらっしゃいますが、現在では日本への持ち帰りのほうにお気持ちが傾いている感じです。

日本からマレーシアに車を持ち込まれる場合は「マレーシアでの人気車種」に買い替えるなどされたほうが後々楽かもしれませんね。

さすが人気車種は違う!

 日本から輸入されたお車は、お客様にお渡しするまで24時間警備の元でお預かりしていますが、それを見るローカルの人の反応は車種によって様々です。
港でもそうらしいですが、マレーシアで流行りの車種になるとたくさんの人が集まってきて本気かどうかわかりませんが「かっこいい車だ。欲しい。いくらするんだ?」などと話しかけてくるそうです。

一方マレーシアではあまり人気のない車や古い車になると、誰も興味を持たないそうで「こんな車誰も欲しがらないよ。盗む人もいないね。」なんてちょっと厳しいことを言われてしまうらしいです。

さて日本から届いた神戸のM様のお車ですが、今マレーシアで人気の7人乗り。
わが子の通う私立学校(ローカルの人はお医者さんや弁護士さん、会社経営者などといったお金持ちが多いのです。うちは違いますが笑。)の送り迎えでも最近増えてきた車です。
車に関しては詳しくない私ではありますが子供を待つ車の中から眺めながら(最近人気があるんだなあ。)と感じてはいたのですが。

港でもかっこいいと言われたらしいのですが、今は港からでて別のところに保管されています。何かあった時のためにとうちの夫の名刺をお車の中に置いてあるのですが、見ず知らずの人から「車を買いたい。いくらなら売ってくれる?」「いくらでも出すのでぜひ譲って欲しい。」と携帯にうるさいくらい電話が入ってくるそうです。
こんなことは過去なかったケースです。

マレーシアは今不動産バブル最中?バブルが終わりかけ?で売れ残ったコンドや借り手のない家がたくさんある(ゴーストタウンとか呼ばれているところも多いそうです)とは言っても、人気のあるところはすぐに借り手が見つかったり高めで売れたりするのと同様、車においても人気車種は他の車と違う扱いを受けるのだなあ、それにしてもマレーシア、お金持っている人は持っているんだなあ(うらやましい〜)と感じたのでした。

いつまで続くかわかりませんが、できたらこのまま好景気で行って欲しいところです。
マレーシアがんばれ〜〜。(「日本も」がんばってほしいです。)

| 1/2PAGES | >>