calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

categories

archives

ペットの輸入許可



仲良くしてくださっているお客様のご家族が日本から猫ちゃんとうさぎさんを連れて来たいということでご相談をいただきました。

もう飛行機のチケットを取ってしまっていたので、それまでに日本側マレーシア側の準備を終えないといけなかったのですが、まず問題になったのは、猫ちゃんが狂犬病の予防注射を受けていなかったこと。
マレーシアへ猫を連れて来る場合狂犬病の予防注射を受けた証明を求められます。そこで急いで獣医さんのところで狂犬病の注射を受けていただくことになりましたが、何回打てばいいのか?
時間を開けて二回打つとなると飛行機の便は一旦キャンセルしないといけなくなります。
そこで一回でもいいのかお役所に確認を取ると、
「日本へ連れて帰る場合は二回受けておいた方がことがスムーズに進むが、当分その予定がない場合はその必要はない。」
「マレーシアが求めているのは一回の注射で有効期限は一年。」だということがわかりました。
いつ日本へ帰ることになるかわからない駐在さんのご家庭は当然二回受けておいた方が安心ですね。
今回は当分日本には帰る予定がないとのことで一回の注射でマレーシア入りすることになりました。

次はうさぎさん。
日本ではうさぎにマイクロチップを入れたり予防注射をしたりということはまずしないのでマレーシア側に提出できるのは獣医さんの健康証明のみ。
電話ではマイクロチップがなければそれでいい、予防注射も受けていなければそれもOKとこことで、輸入許可はすんなりもらえたのですが、、、。

日本の動物検疫所にそれをメールしたところ、許可書のうさぎに関する但書の部分が引っかかる、本当にマレーシアに持ち込めるのか?うさぎの持ち込みは難しいと聞いているがと不安視するメールが届きました。
輸入許可にはうさぎ特有の死亡率が高い伝染病(オーストラリアやフランスでは増えすぎたうさぎを減らすためわざと流行らせたという背景が)にかかっていないことが日本の検疫所の(政府発行の)健康証明にはっきり記載されていないといけない(実際はもっと小難しい英語が使われていて日本側もこりゃ大変!となったのだと)という内容だったのですが、日本側としてはそれは難しいという返事で。

マレーシア側で証明書の内容に関して問い合わせをしても「政府発行の健康証明書を持ってこい。」としか言ってもらえず、うさぎさんのオーナーさんも私たちも(本当に大丈夫か???)とハラハラしていたのですが、無事に検疫を受けマレーシアに入国できたのでみなホットしました。

マレーシアで公にされている情報って古いものがそのままになっていたり、訂正削除されるべきところがそのまま放置されていたりということがままあります。そういうケースだったのかなと想像します。
でも何事もなくマレーシアに入れてほんとう〜に良かったです。

厚木インフォテックでは動物の輸入許可取得のお手伝いもしています。
一匹でも二匹でも手数料自体は同じです。(お役所に払う額は動物の種類ごとに追加になりますが)
お知り合いにマレーシアへペットを連れて来たいという方がいらっしゃいましたらぜひご紹介ください。


ペットの輸入

時々お客様からワンちゃんやネコちゃんの輸入許可取得のお手伝いをお願いされます。

専門業者ではないのであまり宣伝もしていませんが、スバンジャヤにある会社のオフィスから輸入許可を申請するお役所が遠くないため専門業者さんよりだいぶお安くお手伝いをさせていただいています。

以前はお隣町のお役所に行けばそこで許可をもらえたのですが、昨年10月からはルールが変わり、近くのお役所で申請した後LCCTの近くまで許可を受け取りに行かないといけなくなりました。

でもまあ大した手間ではありませんが、その分お役所に支払うお金も増えたのはなんだか納得いきませんが。

今晩は日本からソウル経由で来る大韓航空でKLIA入りされたお客様がいて、かわいいヨークシャーテリアといっしょに飛行機に乗ってきたそうですが、大韓航空は貨物室ではなく座席でいっしょにいさせてもらえるそうで、ワンちゃんも心細くなくておすすめだということでした。

輸入許可は厚木インフォテックで先に受け取っておき、当日は飛行機到着に合わせて空港内の検疫所で待ち合わせて、そこで輸入許可をお渡しするという形にさせていただいています。
ワンちゃんネコちゃんだけでなく、日本からいらっしゃるご主人様も心細くないように。

ペットの輸入 輸入許可

 何年か前に日本に住む方から「長く住むつもりはないのですが何カ月か遊びに行きたいのです。その間犬と離れるのは辛いので、いっしょにマレーシアへ連れて行きたいのですが。」とご相談を受けたことがあります。

数カ月だけ連れてくるなんて、そんなこと本当にできるの?って疑問に思ってしまいましたが、日本側はご本人たちで十分下調べしてあって、実際に短期間で海外にペットを連れ出すことも可能らしいことがわかりました。(ただ飛行機の中で死んでしまうペットもいるそうなので飛行機での移動自体あまりすすめめられないことなのかもしれませんが。その辺は飼い主の方が何を優先するかですよね。)

滞在先は日本人マネージャーさんがいて短期滞在OK。ペットも(サイズにより)OKというサウジャナビラを見学。
その後ペットの輸入許可を発行してくれるお役所DVSへ行ってみました。説明を受けるとこちらの手続きも思った以上に簡単そう。これなら大丈夫そうですねってことになりましたが、実際にはまだマレーシアへのペット連れでの滞在は実現していません。(お忙しい方だったので)

その後の何件か「ペットの輸入許可取得代行はしていないのですか?」とのお問い合わせはいただいていたのですが、やはり生き物を扱うのでちょっとくらい高くても経験豊富な引っ越し屋さんをお使いになった方がいいのではとお断りしてきましたが、中にはご本人はすでにマレーシアへ移っていて空港へ迎えに行ったりはできるので輸入許可の部分だけお願いしたいという方もいるようで、つい最近もまたご相談をお受けしましたので、またちょっと調べてみました。(許可取得だけなら、ちょこっとお役所へ行くだけで基本的には当日許可がもらえるようですし大した手間ではありません。)

そんな中見つけたのがMASKARGO(マレーシア航空貨物)のペットホテルのページ。

今年の7月から検疫のできる時間帯が日中8時から5時までのみに変更になっているらしいです。(ということは他の情報も今年に入ってからの最新情報と見ていいと思います)
夜の便で空港についてそのままワンちゃん猫ちゃんを受け取ってということはできなくなったということになります。飛行機の便の到着時間にご注意ください。

以前マレーシアへのペットの輸入と英語で検索したら「ペットパスポートを購入してください。」と通信販売のページが出てきたのでペットパスポートとは何ぞやと調べてみましたが、欧米では国をまたがって移動する際に見せればいいようなペットパスポートというものが存在するようで、マレーシアへのペットの輸入にもそれを買わせようとしている業者さんがいたのですが、実際はマレーシアのお役所ではそんなものは求めていませんでした。

必要ないものを買わせようとするなんて、変だなあと思っていたのですが。(ネット情報は真実でないものもあるという証明ですね。やっぱり自分で調べることは必要だと思います。)
最近ペットパスポートだけ持って(輸入許可を取得せずに)ペットを連れてきてしまう困った人が増えていると書かれています。
(ヨーロッパ、特にノルウエーとベルギーと書かれていますが、そういった国ではペットパスポートが普及しているんでしょうね。)
マレーシアはまだペットパスポートは受け入れていません。」だそうですから、ヨーロッパなどからいらっしゃる方はお気をつけください。



↓MASKARGO PET HOTELのページより転載。

Importing live animals into Malaysia.

Procedures

  1. Obtain Import Permit from Malaysian Department of Veterinary Services (Jabatan Perkhidmatan Haiwan) and fax it to origin before departure.(狂犬病予防接種の証明などを提出して輸入許可を取得します。そしてそれを送りだし国にファックスし輸出許可を取得する必要があります。)
  2. Make booking with MASkargo
  3. Must agree to accept shipment before booking can be confirmed. (MASkargo Animal Hotel will contact consignee)
  4. Consignee can engage an agent or do their own clearance. Eg. Custom clearance and quarantine clearance
  5. Consignee or its agent must produce the original Import Permit for clearance.

Documents needed

  1. Health Certificate
    An original certificate, issued by a private or government Veterinarian, stating that 'the pet is healthy and free from any contagious or infectious disease at the time of inspection' is required for all pet/s entering/leaving Malaysia. Please note that certification is only valid for 7 days.
  2. Import permit
    Obtained from Malaysian Department of Veterinary Services, and faxed over to country of origin.
  3. Export Permit
    Obtained from country of origin.

Quarantine

  1. List of Banned Breed Dogs

    • Pit Bull aka Pit Bull Terrier Ame.Pit Bull, Ame.Pit Bull Terrier, Staffordshire Bull Terrier
    • Akita
    • Ame. Bull Dog
    • Dogo Argentino
    • Filo Braziliero
    • Mastiff
    • Japanese Tosa

  2. Restricted dogs (can be imported through terms and conditions)

    • Bull Mastiff
    • Bull Terrier
    • Doberman
    • German Shepard/Alsation
    • Canary Dog
    • Rottweiler

  3. KLIA Animal Quarantine operational hours; 8:00am to 17:00pm
  4. The Department of Veterinary Services, KLIA Animal Quarantine Stations request that clients book their animals on flights arriving in KLIA between the hours of 8:00am and 17:00pm. It is a very suitable time for the KLIA Animal Quarantine to facilitate the boarding and physical examination of the animals during day time. Please take note, due to recent mortality case of a dog in our custody that arrived after midnight, our Chief Senior Assistant Director, Biosecurity and SPS Management Division, Dr. Norlizan b. Md. Noor have granted the approval of KLIA Animal Quarantine operational hours, between 8:00am and 17:00pm. This new rule and regulation takes effect starting on 1st July 2012.

  5. Post Mortem
  6. Unfortunately, the government veterinarian could not assist in the post mortem of transit animal at the Animal Hotel. However, these are the list of private veterinary hospitals/clinics that can be contacted:

    1. Animal Medical Centre +60340426742
    2. En.Ghazali, Pathology Unit,Uni.Vet Hospital,UPM +60389463490
    3. Segar Vet Services, Cheras +60391334192
    4. Ee Vet Clinic, Seremban +6067617211
    5. St.Angel Puchong +60358911884 or +60389456884

  7. Import Permit/ Health certificate
  8. Any animal inbound to Malaysia, the animals must have an Import Permit and Health Certificate endorsed by a Government Veterinarian. We have been receiving many cases lately where animals entering Malaysia without import permit and health certificate endorsed by Government certificate, particularly from Europe (Norway and Belgium). This is to notify the public that Malaysia cannot accept PET Passport yet.

For further information on the quarantine requirements and procedures of animals/livestocks as well as the affected countries, please contact the Malaysian Department of Veterinary Services at www.dvs.gov.my


| 1/1PAGES |