calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

categories

archives

ERICAN がいいらしい (1)

 今月オーストラリアの州立大学モナシュ大学を卒業する予定のマレーシアの若者から話しを聞く機会がありました。サンウェイにもモナシュがありますが、そこではなく直接メルボルンのモナシュ大学に留学したそうです。専攻はエンジニアリング。以前はマレーシアのサンウェイキャンパスではエンジニアリングで勉強したい内容のコースが受けられなかったらしいです。(今はどうなのかわかりません。一応エンジニアリングのコースもあります。)

卒業後はオーストラリアに残るために永住権の申請の準備をしているらしいですが、資格としては大学で特定の学部で学んだことに加え、英語の検定試験IELTS8以上を取っていること、というのがあるそうなんです。過去に平均8をクリアしているものの、リスニングが9、ライティングが7.5とかいう感じでばらつきがあって、平均すると8にはなるもののそれではだめで、永住権の資格としては全てが8以上でないといけないらしいです。

そのためまだ永住権確定ではないというのと、もし永住権が取得できてもオーストラリは所得税が高く、彼の話では47%とか55%とか取られるらしいです。(うちの夫の従姉妹はオーストラリアの大学院を出た後歯科医師をしていますが彼女の場合税金は60%と言っていたそうなのでもしかしたら一杯もらったら税率があがる累進課税なのかも、、、)

そのため一生懸命働いても税金に取られてしまうし、オーストラリアには永住権を取った後に仕事をせずにぶらぶら政府からの補助金をもらって生きている人が多いそうで(難民などのたくさん受け入れていますし)一生懸命働く人からたくさん取って働かない人に分配というのが気にいらないので、もしかしたらマレーシアで就職したほうがいいのでは、と迷っていました。
日本語もちょっちょだけ話せるのですが(全然流暢ではないので趣味程度ですが)日系企業はお給料が安いことで有名なので働きたくないそうです。笑

その彼に、オーストラリアへ留学する前に英語の勉強はどうしたのか聞いてみたのですが、インター卒ではなく普通の公立のセカンダリースクール卒だそうです。
ただセカンダリーを出た後に一般の語学学校に通って英語を勉強したそうです。
最初はブリティッシュカウンシルに行ったそうですが、彼にとっては「やらた難しい単語ばっかり教えられてあまり役にたたなかった。」そうで、その後ERICANという語学学校に行ったそうですが、ERICANはよかった!と言っていました。