calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

categories

archives

懐かし〜

昨日はセカンドホーマーさんの16歳になる子供さんがブリティッシュカウンシルの若い子向けの週一のコースを受講する最初の日でした。
夕方5時45分から2時間の授業だったのですが、親御さんが学生時代のお友達と久々の同窓会ということで送り迎えができないというので、じゃあうちがお手伝い(ついでにイカノでタイ料理でも食べよう)ということで、カーブとイカノに行ったのですが、イカノのスーパーをぶらぶらしている時に懐かしいクッキーを発見!



ベルギーの有名なキャラメルビスケットです。いろいろな航空会社でコーヒーと一緒に配られていて熱烈なファンも多いようです。
砂糖をキャラメル化してから作っているそうで甘くてちょっと苦くてシナモンの香りもする、異国情緒に溢れた固めのクッキーです。

私も日本での塾の仕事をやめてシンガポール駐在員だった夫のところに行く前に世界半周旅行(日本ーシンガポールーインドネシアーシンガポールータイーネパールーインドースリランカーモルジブーインドーイギリスーアメリカーイギリスーインドーネパールーシンガポールー日本)をさせてもらった時に、インドからイギリスへ行く飛行機の中で食べてファンになってしまったのです。

今は日本でも通販で簡単に購入できますが、マレーシアにはないのかしら?と常々思っていたのですが、見つかって嬉しいです。

ヨーロッパでの呼び方は「キャラメルビスケット」ですが、アメリカで売り出された時にアメリカではビスケットというとしょっぱい系のサクサクのものを指すらしく、甘くて硬いこのクッキーをビスケットと売り出すのはちょっとまずいとなったそうで、ビスケット+コーヒーと2語を合わせて「ビスコフ」という名前がつけられたそうです。
日本ではヨーロッパから輸入されているキャラメルビスケットとアメリカ経由で入ってくるビスコフの2種類が流通しているそう。

私が昨日買ったのはビスコフでした。
お味はどちらの名前でも同じだそうです。
実は最近はパンや麺類などあまり小麦製品を食べない生活をしているのですが、小さいクッキーなので(ちょっとならいいかな〜)と自分に甘い私でした。